ニュージーランドのM7.8の地震 2人死亡

現段階で死者が2名か・・・


アメリカ地質調査所によると、日本時間の13日午後8時すぎ、ニュージーランド南東部でマグニチュード7.8の地震が起きた。

外務省によると、今のところ日本人が被害にあったとの情報は入っていないということだが、現地の日本大使館が引き続き、情報収集にあたっている。

アメリカ地質調査所によると、日本時間13日午後8時すぎ、ニュージーランド南東部でM7.8の地震が起きた。外務省によると、今のところ日本人が被害にあったとの情報は入っていないということだが、現地の日本大使館は、引き続き情報収集にあたっている。

情報源: NZ南東部でM7.8 邦人被害の情報なし|日テレNEWS24


ニュージーランドで日本時間の13日夜、マグニチュード7.8の地震があり、これまでに2人の死亡が確認され、ニュージーランドの防災当局では被害の確認を急いでいます。

ニュージーランドで、14日午前0時すぎ(日本時間13日午後8時すぎ)、マグニチュード7.8の地震がありました。震源地はニュージーランドの南島にあるクライストチャーチから北北東におよそ93キロで、震源の深さはおよそ23キロと推定されます。

この地震を受けて、ニュージーランドのキー首相が日本時間の14日午前3時前から記者会見を行い、これまでに2人の死亡が確認されたことを明らかにしました。

ハワイにある太平洋津波警報センターによりますと、今回の地震で、震源地からおよそ60キロの場所にある町、カイコウラの海岸で、日本時間の13日午後9時前、最大およそ1メートル50センチの津波を観測しました。

キー首相によりますと、カイコウラでは電話がつながりにくい状態だということで、状況を確認するため、軍のヘリコプターを現地に向かわせたということです。現地のテレビ局が伝えた、上空からカイコウラを撮影した映像では、複数の建物が倒壊しているほか、海沿いで崖崩れが相次ぎ、土砂が覆いかぶさって、道路が通れなくなっている様子がわかります。このほか、各地で建物や道路に被害が出ているということで、防災当局では被害の確認を急いでいます。

現地では、最初の地震のあともマグニチュード6前後の地震が相次いで観測されており、防災当局は、ニュージーランドの東部などでは海岸に近づかないよう呼びかけています。

外務省が現地の大使館から得た情報によりますと、日本人が被害に遭ったという情報は入っていないということです。

カイコウラ「道路の亀裂や地滑りなど」

ニュージーランド国営の「テレビ・ニュージーランド」は、クライストチャーチから北に80キロほど離れたカルバーデンの様子を伝え、スーパーマーケットではビンが床に落ちて割れたり、棚の上にあったと見られる多くの日用品が床に落ちて散乱したりしています。

また、カルバーデン周辺の道路では、数メートルにわたる亀裂が入り、段差ができているほか、道路脇の崖が崩れ、大きな岩がいくつも落ちている場所も確認できます。

また、カイコウラの被害状況について地元選出の議員は「テレビ・ニュージーランド」の電話インタビューに答え、「道路には30メートルにもわたる亀裂が入っていて、海沿いの道路では地滑りも起き橋が壊れるなどしている。住民が屋外で寝たり、水が使えなくなった地区もある」と話していました。

震源地から90キロ余り離れたクライストチャーチに住む男性は、「揺れは2分から3分ほど続き、何かにつかまらないといけないほど大きく、怖かったです。これまでに経験したことがない揺れの長さと大きさでした」と話していました。

また、震源から200キロ余り北に離れた首都ウェリントンに住む女性は、ツイッターに地震直後の自宅の様子を映した動画を投稿しました。女性の自宅は建物の8階にあるということで、動画には台所用品や本などが落ちて床に散乱している様子が映し出されています。

ウェリントンに住む男性がツイッターに投稿した写真には、中心部の通りに面した店舗のガラスが破損している状況や、多くの人が屋外の駐車場に避難している様子が映し出されています。

ウェリントンの住宅内の様子として、別の男性がインターネット上に投稿した動画には、部屋の中で観葉植物が激しく左右に揺れる様子や、物が落下して割れる音などが記録されています。

ウェリントンのスーパーで撮影された映像では、商品が棚から落ちて床に散乱したり、天井のパネルが剥がれ落ちたりしている様子が映し出されています。

情報源:ニュージーランドのM7.8の地震 2人死亡 | NHKニュース


ニュージーランドの南東部で日本時間13日夜、M7.8の地震があり、最大で約1.5メートルの津波を観測。同国のキー首相は会見を開き、2人の死亡を確認したと発表した。外務省によると、邦人の被害はないという。この地震による日本への津波の心配なし。

ニュージーランドの南東部で日本時間13日夜、マグニチュード7.8の地震があり、最大で約1.5メートルの津波を観測した。

アメリカ地質調査所によると、日本時間13日午後8時すぎ、ニュージーランド南東部でマグニチュード7.8の地震があった。震源は、2011年に大地震が起きたクライストチャーチから北東に約90キロの内陸で、震源の深さは23キロ。

ハワイにある太平洋津波警報センターによると、震源から60キロほど離れたカイコウラの海岸では最大で1.5メートルの津波を観測したが、この地震による日本への津波の心配はない。

ニュージーランドのキー首相は早速会見を開き、これまでに2人の死亡を確認したと発表した。外務省によると、これまでに日本人が被害にあったとの情報は入っていないということだが、現地の日本大使館が引き続き、情報収集にあたっている。

情報源:NZでM7.8 津波を観測、死者も…|日テレNEWS24


ニュージーランドのキー首相は14日朝に記者会見し、少なくとも2人が死亡したと明らかにした。ロイター通信が報じた。

昨日にニュージーランド(NZ)南島のハンマースプリングス付近で14日午前0時2分(日本時間13日午後8時2分)ごろ、マグニチュード(M)7.8の地震が発生した。

また、リア・ノヴォスチ通信の報道によると、Weather Watchは「2メートルの津波の波が観測された。波はすでに小さくなったが、今も危険だ。津波の波は、ウェリントンやカスルポイントで(観測されている)」と伝えた。

情報源:ニュージーランド、昨日の地震で2人死亡


ニュージーランドで、日本時間の13日午後8時すぎに発生したマグニチュード7.8の地震で、少なくとも2人が死亡。最初の地震のあとも、マグニチュード6前後の地震が相次いでいる。

ニュージーランドのキー首相は、14日朝に会見を開き、少なくとも2人が死亡したことを明らかにし、震源近くの街・カイコウラに軍のヘリコプターを派遣した。

震源に近い地域では、地震の影響で通信網などが寸断されていることから、今後、被害が拡大する可能性がある。

カイコウラで、およそ1m50cmの津波が観測された。

現地では、最初の地震のあとも、マグニチュード6前後の地震が相次いでいる。

ニュージーランド南島では、2011年2月にも、クライストチャーチ付近でマグニチュード6.3の直下型地震が発生、日本人留学生28人を含む185人が死亡した。

情報源:ニュージーランドでM7.8の地震観測 少なくとも2人が死亡


ニュージーランドで起きたマグニチュード7.8の大地震は、夜が明けて被害の全容が少しずつ明らかになってきました。

現地時間14日未明にニュージーランドの南島で起きた大地震。マグニチュード7.8で、震源地はクライストチャーチから北北東におよそ93キロでした。

震源地に近くおよそ1.5メートルの津波を観測したという沿岸の町・カイコウラでは、地震による土砂崩れで道が寸断されていました。また、カイコウラで古い建物が倒壊して死亡した1人を含む、少なくとも2人が死亡したということです。

「起きようと思ったが、地面がこんなふうに動いているようで、何もできなかった」(住民)

数時間前には首相が会見し、防災当局がカイコウラなどにヘリコプターを飛ばし、被災の状況を確認していると述べました。余震も続いていて、東側の沿岸部の一部では現在も津波の恐れがあり、引き続き住民に避難指示が出されています。

首都ウェリントンでは、危険な状態の建物がある可能性があるとして、中心部のオフィスで働く人に14日は出勤しないよう当局が呼びかけています。(14日04:21)

情報源:ニュージーランドの大地震、少なくとも2人死亡 News i – TBSの動画ニュースサイト


【シドニー=共同】米地質調査所(USGS)によると、ニュージーランド南島で14日午前0時2分(日本時間13日午後8時2分)ごろ、マグニチュード(M)7.8の地震があった。震源はクライストチャーチの北北東約93キロで、震源の深さは約23キロ。

ニュージーランドでの地震で損壊した、ウェリントンにあるフェリーターミナルの橋=AP
ニュージーランドでの地震で損壊した、ウェリントンにあるフェリーターミナルの橋=AP

地元メディアは、震源地近くの南島カイコウラなどで建物が倒壊したり負傷者が出たりしているとの情報を伝えた。首都ウェリントンの日本大使館の担当者は「建物に被害が出ているようだ。日本人の人的な被害情報は入っていない」と話した。

米ハワイの太平洋津波警報センターによると、地震後に最大約1.5メートルの津波が観測された。強い余震が続き、ニュージーランド当局はさらに津波が続く恐れがあるとして北島と南島の東海岸の住民を中心に避難を呼び掛けた。日本の気象庁は「日本への津波の影響はない」としている。

地元メディアによると、全国的に強い揺れが感じられた。一部で停電やビル・建物の損傷、地割れなどの被害が発生。ウェリントンのフェリーターミナルの橋も損壊した。

ニュージーランド南島では2011年2月にもクライストチャーチ付近でM6.3の直下型地震が発生、日本人留学生28人を含む185人が死亡した。

情報源:ニュージーランドでM7.8 負傷者情報も  :日本経済新聞


[ウェリントン 14日 ロイター] – ニュージーランドで14日未明、大規模な地震が発生し、少なくとも2人が死亡した。津波警報が発令され数千人が避難した。

米地質調査所(USG)によると地震の規模はマグニチュード(M)7.8.震源地はクライストチャーチの北東約91キロメートル。震源の深さは23キロ。

負傷者や建物の倒壊などの被害が報告されているほか、多くの地域で停電が発生、電話も不通となっている。土砂で通行できない道路があり、政府の緊急対応チームがヘリコプターを投入して対応に当たっている。

首都ウェリントンやクライストチャーチで津波が観測され数千人が避難したが、津波への警戒態勢はその後引き下げられた。

ニュージーランド証券取引所(NZX.NZ)は、14日の金融市場は通常通り取引が行われるとしている。ただ、ウェリントンでは多くのオフィスが閉まっている。

キー首相は記者会見で2人が死亡したと明らかにし、「記憶している限りウェリントンで最も大きな衝撃だ。道路やインフラなどの復旧費用はかなり大きなものになる」と述べた。

情報源: ニュージーランドでM7.8の地震、2人死亡・インフラ寸断 | ロイター


まだ増えるかな?