ニュージーランドの地震 M7.8に修正 津波も観測 | NHKニュース

日本への被害は無さそうだが・・・


ニュージーランドで日本時間の13日夜、マグニチュード7.8を観測する地震が起き、震源近くで最大およそ1メートル50センチの津波を観測しました。現地の防災当局は今後も津波に警戒する必要があるとして、海岸沿いの住民に避難を呼びかけています。

アメリカの地質調査所によりますと、ニュージーランドで、14日午前0時すぎ(日本時間13日午後8時すぎ)、大きな地震が観測されました。

震源はニュージーランドの南島にあるクライストチャーチから北北東におよそ93キロ、震源の深さはおよそ23キロで、地震の規模を示すマグニチュードは7.8と推定されています。

アメリカの地質調査所は当初、地震のマグニチュードを7.4、震源の深さはおよそ10キロと発表しましたが、その後、情報を修正しました。

クライストチャーチにあるホテルの従業員の男性は「強い揺れを感じましたが、ホテルや周囲ではこれまでのところ被害は出ていません」と話していました。

現地では最初の地震のあとも、マグニチュード6前後の地震が相次いで観測されるなど、地震が続いています。

ハワイにある太平洋津波警報センターによりますと、この地震で震源近くの街、カイコウラの海岸で最大およそ1メートル50センチの津波を観測しました。

ニュージーランドの防災当局によりますと、これまでのところこの地震や津波による大きな被害の情報は入っていないということですが、防災当局は引き続き情報収集を続けるとともに、津波に警戒する必要があるとして、海岸沿いの住民に避難を呼びかけています。

専門家「地震活動活発な地域 今後も注意」

ニュージーランドで発生した大地震について、東京大学地震研究所の纐纈一起教授は「今回、地震が起きた場所は、プレートと呼ばれる岩盤の下に別のプレートが沈み込んでいて、ふだんから地震活動が活発な地域で、今回の地震はプレート境界で起きた可能性がある。地震の規模が大きく、地下では100キロほどの長さの断層がずれ動いた可能性があるため、震源の周辺では今後、しばらくは最大でマグニチュード7クラスの比較的規模の大きな地震が起きるおそれがある。仮に地震が都市の近くで起きると被害が拡大するおそれもあり、今後も注意が必要だ」と話しています。

情報源: ニュージーランドの地震 M7.8に修正 津波も観測 | NHKニュース

現地はどうなるのかね?