レゴ、大衆紙への景品提供中止=「外国人憎悪」反対運動受け-英:時事ドットコム

憎悪への資金提供・・・、武器弾薬の事か?


【ロンドンAFP=時事】デンマークのブロック玩具大手レゴは12日、英大衆紙デーリー・メールに対する販売促進用の景品提供を取りやめると発表した。同紙などの論調が外国人や移民への憎悪をあおっているとして、企業に提携中止を求める運動を受けた決定。

レゴはツイッターに「デーリー・メール紙との合意は終了し、予見可能な将来、販促に協力することはない」と投稿。「(玩具で遊ぶ子供たちの)父母や祖父母がどう感じているか知らせてくれれば、われわれは常に耳を傾ける」と表明した。同紙の広報担当者も、提携終了を認めた。

フェイスブックなどで広がる「憎悪への資金提供中止を」と銘打つ運動は、「憎悪や分断の文化」に立ち向かうのが目的。クリスマス商戦をにらみ、小売り大手のマークス・アンド・スペンサーなどに、デーリー・メール、サン、デーリー・エクスプレスといった右寄りの大衆紙から広告を引き揚げるよう呼び掛けている。(2016/11/13-05:38)

情報源: レゴ、大衆紙への景品提供中止=「外国人憎悪」反対運動受け-英:時事ドットコム

それとも、薬物の売買や、人身売買か?