博多陥没、ライフライン復旧完了 14日夜にも通行再開へ

さすが・・・


福岡市のJR博多駅前で発生した大規模な道路陥没事故で、一部地域でまだ不通となっていた電話とガスなどが13日までに復旧した。残る通信回線の一部も13日中に回復し、ライフラインはすべて復旧した。陥没現場はほぼ地表まで埋め戻されており、14日夜までに通行可能となる予定。

福岡市防災・危機管理課などによると、ガスは避難勧告が続く3棟のビルで不通となっていたが、12日午後2時に復旧。電話と通信回線も周辺の約600回線が12日午後11時半に回復した。通信回線のうち約10回線はまだ不通だが、13日中には使えるようになるという。

11日まで電話と通信回線が不通だったという近くの自営業の男性は「顧客からのメールやファクスに対応できず仕事に支障が出た。福岡市や施工業者は再び同じようなことが絶対に起きないようにしてほしい」と話していた。【吉川雄策】

復旧作業が続く博多駅前の陥没事故現場=福岡市博多区で2016年11月13日午後0時52分、須賀川理撮影
復旧作業が続く博多駅前の陥没事故現場=福岡市博多区で2016年11月13日午後0時52分、須賀川理撮影
復旧作業が続く博多駅前の陥没事故現場=福岡市博多区で2016年11月13日午後1時10分、須賀川理撮影

情報源:博多陥没:ライフライン復旧完了、14日通行可能に – 毎日新聞


JR博多駅前の道路大規模陥没事故で13日、下水道などの工事が終わり、損傷したライフラインが全て復旧した。陥没した部分全体の埋め戻しも地表近くまで進み、福岡市は14日に地盤の専門家らを集めた会議で安全性を確認した上で、同日夜にも道路の通行を再開させる方針。

13日夜には、陥没現場で最後まで続いていた下水管の接合作業が終了。一部に残っていたNTTの障害も解消した。

通行再開に伴い、市は道路沿いのビル3棟に出していた避難勧告も解除する。西部ガスはガスの供給を再開する予定。

復旧作業が進むJR博多駅前の道路大規模陥没事故の現場=13日午後5時21分

情報源: 博多陥没、ライフライン復旧完了 14日夜にも通行再開へ – 共同通信 47NEWS

早いねぇ・・・