血液がんにもオプジーボ、悪性リンパ腫に適用拡大:イザ!

これなぁ・・・


極めて高額なため薬価引き下げが検討されているがん治療薬「オプジーボ」について、厚生労働省の部会は11日、新たに血液のがんである悪性リンパ腫の一種に対する治療にも使うことを了承した。約1カ月後に正式承認され、保険適用が認められる。

オプジーボは一部の患者に優れた効果が期待されるが高額な新薬。まず皮膚がんの悪性黒色腫で認められ、患者数の多い非小細胞肺がん、腎細胞がんと適用が拡大してきた。

新たに認められるのは悪性リンパ腫のうち「古典的ホジキンリンパ腫」で、患者は1600~1800人程度と見込まれている。

オプジーボは免疫の働きを利用した新しい仕組みの薬で、小野薬品工業(大阪市)が販売。肺がん患者1人が1年間使うと3500万円かかるとされ、政府は薬価の引き下げを検討している。

情報源: 血液がんにもオプジーボ、悪性リンパ腫に適用拡大:イザ!

大丈夫かな?