セブンーイレブン サラダに異物混入 商品を撤去 | NHKニュース

カマキリの足とかあったが・・・


コンビニエンスストア「セブンーイレブン・ジャパン」は、販売したサラダに異物が混入していたとして、同じ工場で作られた商品を都内の一部の店舗から撤去しました。

コンビニエンスストア、セブンーイレブン・ジャパンが都内の一部の店舗から撤去したのは、「野菜を手軽に!チョレギサラダ」のうち、埼玉県の工場の同じラインで製造された、消費期限がことし11月10日午前5時の商品です。

会社によりますと、都内に住む利用者から「サラダに虫の一部が混入している」と連絡があり、確認したところ、長さ1.5センチでとげがついた虫の一部とみられる異物が見つかったということです。

会社では、客から連絡があったことを受け、9日に都内の一部の店舗から商品を撤去しましたが、すでにおよそ530食を販売したということです。

これまでのところ、新たな異物の混入や健康被害などの報告は入っていないということです。

セブンーイレブン・ジャパンは「多大なご心配をおかけしたことを心よりおわび申し上げます。より一層の品質管理の徹底に努めてまいります」としています。

情報源: セブンーイレブン サラダに異物混入 商品を撤去 | NHKニュース

店売りのサラダなんて、栄養残ってるのかね?