NVIDIAが最新GPUドライバに仕込んだデータ送信機能「テレメトリ」を簡単に削除する方法 – GIGAZINE

へぇ・・・


グラフィックボード大手のNVIDIAが、GeForceシリーズのグラフィックドライバに、使用状況の報告のためデータ送信を行う「Telemetry(テレメトリ)」機能を付加したことが分かり、ユーザーの間で波紋が広がっています。NVIDIAの方針に反対するユーザーが、さっそくテレメトリを削除する方法を公開しています。

NVIDIA Adds Telemetry to Latest Drivers; Here’s How to Disable It (Update) – MajorGeeks
http://www.majorgeeks.com/news/story/nvidia_adds_telemetry_to_latest_drivers_heres_how_to_disable_it.html

Timothy Tibbettsさんによると、NVIDIAはテレメトリ機能をドライバアップデートに使うソフトウェア「Geforce Experience」ではなく、ドライバそのものに埋め込んでいるとのこと。そのため、Geforce Experienceを使っていない場合でも最新ドライバを使うことで、テレメトリ機能がONになりPC起動時にNVIDIAサーバーに使用状況レポートが送信されることになります。

ユーザーが好むと好まざるとに関わらずデータ送信を行う最新ドライバをリリースするNVIDIAの方針に反対のTibbettsさんは、ドライバからテレメトリ機能を取り除く方法を公開しました。

方法は以下の通り。まずは「Microsoft Autoruns」をダウンロードします。なお、Microsoft Autorunsはインストール不要で使えるソフトです。ダウンロードしたZIPファイル(Autoruns.zip)を解凍して、フォルダ内の「Autoruns.exe」もしくは「Autoruns64.exe」を管理者権限で実行します。

Microsoft Autorunsが起動したら、「Filter」内に「nvidia」と入力して「Task Scheduler」にずらりと表示されるプログラムの中から、「\NvTm~」で始まるものがテレメトリに関するものなので、チェックボックスを外せばOKです。なお、NVIDIA Wireless ControllerやShadowPlayの機能も削除したければ、「NVIDIA Wireless Controller Service」と「NvStreamKms」のチェックも外せばOKとのことです。

実際にMicrosoft Autorunsを使う様子は以下のムービーで確認できます。

Disable nVIDIA Telemetry With Autoruns – YouTube

情報源: NVIDIAが最新GPUドライバに仕込んだデータ送信機能「テレメトリ」を簡単に削除する方法 – GIGAZINE

まぁ、いい気分にはならんわな。