がん治療薬:「オプジーボ」最大50%値下げ 政府方針

安くなるのは良いことだ。


がん治療薬「オプジーボ」

政府は9日、高額な薬価が問題となっているがん治療薬「オプジーボ」(一般名ニボルマブ)について、来年度から値下げする幅を当初方針の最大25%から大幅に拡大し、最大50%引き下げる調整に入った。政府内で下げ幅が不十分との認識が強まったためだ。今月開かれる厚生労働相の諮問機関、中央社会保険医療協議会(中医協)で協議し、最終的な値下げ幅を決める。

オプジーボは2014年に一部の皮膚がんを対象に保険適用され、100ミリグラム約73万円の薬価が認められた。その後、患者数の多い肺がんなどにも適用を拡大、16年度は1万5000人の利用が見込まれている。患者1人あたり約3500万円かかるとされ「医療財政を圧迫する」と薬価の引き下げを求める声が強まった。このため厚労省は、原則2年に1回で、次回は18年度の予定となっている薬価の改定を待たず、17年度に臨時で引き下げる手続きに入った。

10月上旬の中医協では最大25%の値下げで合意。しかし政府の経済財政諮問会議でも、有識者らからさらなる値下げが求められた。【細川貴代】

情報源: がん治療薬:「オプジーボ」最大50%値下げ 政府方針 – 毎日新聞


政府は超高額の抗がん剤オプジーボの公定価格(薬価)を2017年度に50%引き下げる方向で最終調整に入った。当初は最大25%の引き下げを検討していたが、米英など海外との格差を縮めるため大幅に引き下げる。

厚生労働省が16日に開く中央社会保険医療協議会(中医協)で提案する。財務省と厚労省は17年度の社会保障費の自然増を6400億円から5000億円に抑えたい考え。オプジーボの値下げで100億円以上の抑制につながる見込みだ。

オプジーボは小野薬品工業が販売する。患者1人に1年間使うと約3500万円かかる。5万人に使えば費用が1兆7500億円にのぼるとの試算がある。米英の薬価は日本の半分以下で、厚労省が対策を練ってきた。

値下げには「市場拡大再算定」と呼ぶ薬価改定ルールを使う。売上高1500億円以上なら最大50%値下げできる。小野薬品はオプジーボの17年3月期の売上高を1260億円と見込むが、出荷ベースの数字だ。政府は別の手法で計算すれば50%値下げできるとみているもようだ。

情報源:オプジーボ、50%値下げへ 政府が最終調整  :日本経済新聞


高額ながん治療薬「オプジーボ」について、政府が年度内にも価格を50%引き下げることで調整していることが9日、分かった。厚生労働省はこれまで、平成29年度から最大25%引き下げることを提案していたが、社会保障費の抑制が課題となる中、首相官邸などから、さらなる値下げを求める声が出ていた。

オプジーボは日本発の画期的な免疫療法薬として、皮膚がんの一種であるメラノーマの治療薬として26年9月に発売された。患者が年470人と少数に限られると見込まれたことから、100ミリグラム約73万円の高額な薬価が、厚労相の諮問機関、中央社会保険医療協議会(中医協)で認められた。

しかし、昨年12月から肺がんにも保険適用となり対象患者が数万人に拡大。欧米の価格が日本の半値以下であることも問題視され、30年に予定される次回の薬価改定を待たずに値下げを行うことになり、値下げ幅が焦点となっていた。

厚労省は予想を大きく上回って売れた薬の価格を最大50%値下げする市場拡大再算定という既存の特例を参考に、16日にも開催予定の中医協専門部会で引き下げを提案する見通しだ。

情報源:高額ながん治療薬「オプジーボ」、50%値下げへ 年度内にも – 産経ニュース


患者1人で年間約3500万円かかる高額な新型がん治療薬「オプジーボ」について、政府は薬価を緊急的に50%引き下げる方針を固めた。厚生労働省は25%引き下げる方針だったが、首相官邸側が難色を示し、下げ幅を拡大する。16日の中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)に提案。来春までに値下げする。

オプジーボは2014年9月に皮膚がんの薬として発売され、年470人程度の患者で採算がとれるように価格が高めに設定された。ところが、昨年12月に肺がんにも使えるようになり、対象患者が約1万5千人に拡大して販売額が急増。英国や米国での薬価の2~5倍に上ることもあって「高すぎる」という批判が強まり、2年に1度の薬価改定(次回は18年4月)を待たず緊急的に値下げすることで調整していた。

値下げ幅は、薬の販売額が急増した場合のルールを活用。年間1千億円から1500億円なら最大25%、1500億円以上なら最大50%引き下げる仕組みだ。オプジーボはメーカーの見込みでは出荷額ベースで1260億円だが、厚労省は流通経費などを乗せると販売額が1500億円を超えると判断した。(生田大介)

情報源:高額がん治療薬「オプジーボ」50%値下げへ 政府方針:朝日新聞デジタル


政府は、高額な薬剤で医療保険財政への影響が指摘されてきたがん免疫治療薬「オプジーボ」の価格を、50%下げる方向で調整に入った。

最大25%を軸に検討したが、海外と比べ価格が数倍もすることから、社会保障費の抑制と合わせ、大幅な値下げに踏み切る。厚生労働省は近く開かれる中央社会保険医療協議会の部会に提案する。

オプジーボは小野薬品工業(大阪市)が開発、世界に先駆け日本で最初に発売された。価格は100ミリ・グラムあたり約73万円。当初、患者数の少ない皮膚がんで承認されたが、昨年12月から患者数の多い肺がんにも使えるようになった。肺がん患者1人が年間を通して使えば約3500万円かかり、医療費が膨らむことが懸念されている。

情報源:がん治療薬「オプジーボ」50%値下げで調整 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


100mgあたり75万とか高すぎ。