冷凍メンチO157感染、神奈川で33人に :日本経済新聞

同じ製造委託先の商品から「O-157」が検出されたと言う事は・・・?


神奈川県平塚市の食品会社「肉の石川」が販売した冷凍メンチカツを食べ、腸管出血性大腸菌O157に感染した患者が県内で計33人となったことが分かった。県と相模原市、同県藤沢市が8日までに明らかにした。1~79歳の男女で、このうち18人は検出されたO157の遺伝子パターンが一致した。

県によると、冷凍メンチは、静岡県沼津市の食品会社「タケフーズ」に製造委託されていた。賞味期限が2017年2月26日の製品からO157が検出されており、同じ賞味期限の製品2010袋が川崎市内の配送センターに運ばれた。その後、神奈川県や千葉県のイトーヨーカドー計26店舗で販売された。神奈川県が原材料などから原因を調べている。

タケフーズを巡っては、食肉加工大手「米久」(沼津市)が製造を委託した冷凍メンチからもO157が検出された。全国のスーパーなどに流通しており、6日から回収を進めている。〔共同〕

情報源: 冷凍メンチO157感染、神奈川で33人に  :日本経済新聞

タケフーズに立ち入り検査かな・・・