歯を磨くのに最適のタイミングを知ってますか? 2人に1人は「雑菌モロとも朝食を口に」|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS

朝の起床時は口内は雑菌でいっぱい・・・

11月8日は「いい歯の日」。歯や口内のコンディションは、全身の健康にも大きくかかわる。

たとえば、40歳以上の8割がかかっているといわれる歯周病。放置すれば歯を失うだけでなく、動脈硬化や心筋梗塞、糖尿病のほか、認知症などのリスクを高めることもわかってきた。

では、そのケアの代表である歯磨きは、いつ行うべきか? ここに興味ぶかい調査結果がある。

寝起き時の口内のネバネバが気になるという人は100中69人、同じく寝起きの口臭が気になる人は100人中74人。さらに就寝中の口内で雑菌が増えていることを認識している人の割合となれば、100人中93人までの圧倒的数に上った――。

この数字は、シャボン玉石けん株式会社(本社:北九州市)が10代~70代の男女(サンプル数:502人)を対象に行なった「歯磨きに関する実態調査」(今年10月1日~同7日)だ。

歯を磨くのに最適のタイミングは?

最も注目したいのは、続く「1日のうち、いつ歯を磨いていますか?」という設問&回答結果だ。答えの上位3を順に挙げると、➀就寝前(73%)、②朝食(59%)後、③朝食前(寝起き直後:34%)だった。

つまり、寝る前に磨き、寝ている間の雑菌の繁殖も熟知しており、寝起き時の口臭やネバネバを気にかけている人の割合はいずれも50人を切ってはいない。ところが、③の目覚め歯磨き実践派となると一気に100人中34人のみ。およそ3人のうち1人に過ぎないわけだ。

単刀直入に言い換えれば、3人のうち2人までが、寝起きの口中は<雑菌まみれ>と重々知りつつも、歯磨きをせずに、その雑菌モロとも朝食を口にしているのだ。

果たして、あなたはどうだろうか。朝食後にも歯を磨くという人の場合、いっけん厳格派のようにみえて、そのじつ「あとの祭り」に過ぎないともいえないだろうか。

同調査は歯磨き剤購入時の選択基準も尋ねており、回答ベスト3は、➀効果・効能(49%)、②価格(41%)、③味・香り(29%)、次点に④使用感(27%)と続くあたりは概ね想定外の結果だろう。

歯磨きで味覚を失う!?

この結果に、同社が過去に実施した「歯磨きに関する調査」(WEB調査:期間は2013年10月30日~11日2日)の回答例を重ねてみると、なかなか興味ぶかい。一般人の味覚事情や、商品選びの実態が読み取れる。

こちらの調査は20代~60代の女性層を対象に行なわれ、サンプル数は600人。なかでも目を引く質問が「歯磨き後、みかんを食べたり、お茶を飲んで味覚が変わったと感じることがありますか?」というもの。

よく感じる(49.0%)といつも感じる(16.7%)の回答者を足せば、100人中65%超の人たちが味覚の変化をおぼえている。

味覚が変わる原因は、歯磨き粉に含まれる「合成界面活性剤(ラウリル硫酸ナトリウム)」の成分にある。ヒトが味を感じる器官の「味蕾(みらい)」が、それによって損傷を受けるからだ。

ところが、その味蕾損傷の原因と認識を問われると、今まで知らなかった層(84.0%)が圧倒的に多い。歯磨き粉選びの際に「成分を確認してから購入しますか?」の問いでも、ほとんど確認しない+確認したことがない層が60人以上を数えた。

試しに、あなたのご自宅にある歯磨き粉の成分表示を見てみよう。洗浄・発泡剤の項に、件の「ラウリル硫酸ナトリウム」はないだろうか。これは合成洗剤やクリームの乳化剤にも使われているものと同じで、動物実験上は受精卵障害や成長障害も報告されている。

つまり、毎朝や食後ごとの歯磨きの際、あなたは件の合成界面活性剤を体内摂取しているわけで、おまけに口内の粘膜は皮膚の13倍もの吸収力があると聞けば、思わず生唾を飲み込まれた読者もおられるのではないか。

ちなみに、これらの調査結果を公表したシャ社は、合成界面活性剤ではなく無添加石けんを使用し、歯磨き後も味覚が変わらない商品を販売している。「いい歯の日」をきっかけに、くれぐれも<未来>の<味蕾>を大切にしてほしい。
(文=編集部)

情報源: 歯を磨くのに最適のタイミングを知ってますか? 2人に1人は「雑菌モロとも朝食を口に」|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS

歯を磨く時間と歯磨き粉に注意。