旧ソ連の「太陽のピエロ」、O・ポポフ氏が死去 86歳:イザ!

ご冥福をお祈りいたします。

オレグ・ポポフ氏(旧ソ連出身の著名なピエロ)ロシアのメディアによると、2日、公演先のロシア南部ロストフナドヌーのホテルで死去、86歳。心臓発作を起こしたという。

30年、モスクワ州生まれ。51年にサーカスでピエロとして活動を始め、66年にはツアーで日本を訪れた。芸術的な演技を見たフランスのジャーナリストから「太陽のピエロ」と評され、欧米でも人気を博した。

91年にドイツに移住。埋葬先はドイツになるという。(共同)

86歳で心臓発作か・・・