ウォッカで毛が生えた!ロシアの若者に流行る驚きの増毛法とは?

一応意味はあるのか・・・

ウォッカで毛が生えた!ロシアの若者に流行る驚きの増毛法とは?
ウォッカで毛が生えた!ロシアの若者に流行る驚きの増毛法とは?

「フレーバード・シャンプー法」という増毛法が話題を呼んでいる。ロシアの薄毛の若者の間で効果抜群だと人気が広がっているというのだ。

やり方はいたって簡単。シャンプーに50度以上のフレバード・ウォッカを6対4の割合で混ぜて洗髪するだけ。ロシアの事情に詳しいツアーコンダクターの菊池明子氏が言う。

「ウォッカに含まれる高純度のエタノール成分が頭皮の皮脂を分解し、毛根を刺激して太くする作用がある、という理由で、薄毛の若者の間で流行っていると聞きました。半年でフサフサになったと言っていた人もいます」

ウオッカは、言わずと知れたロシアの国民酒。原料は大麦、小麦、ジャガイモ、ライ麦などの穀物だ。原料を発酵させたあとで蒸留し、白樺の炭で濾過して作られる。無味無臭で透明な酒だ。含まれるエタノールは「酒精」とも呼ばれる酒類の主成分で、アルコールの一種。ヘアーコンサルタントで美容師の五十嵐淳夫氏が解説する。

「ほとんどの育毛剤には、高濃度のエタノールが含まれています。理由は、高い抗菌効果と成分の吸収効果を高める作用があるから。エタノールそのものには、発毛効果はありません」

前出・菊池氏があとを引き取って言う。

「ウォッカにはいろいろな種類があります。ウォッカにフルーツやハーブなどを漬け込んで作られるのがフレーバード・ウォッカ。育毛効果を得るにはフレバード・ウォッカを使用すると、ロシアの若者たちは言っています」

例えば、ハーブの一種で滋養強壮、覚醒作用があるとされるバイソングラスを漬け込んだのが「ズブロッカ」。また、発毛効果のあるカプサイシンを含む唐辛子を漬け込んだ「ペルツォフカ」もフレーバード・ウォッカだ。育毛効果のあるシャンプーとフレーバード・ウォッカの組み合わせなら、エタノールの作用で成分がどんどん浸透し、発毛を促進してくれるのかもしれない。ただし、度数の強いアルコールだけに、皮膚への刺激は強い。試してみたい人は自己責任で、ということか。

しかし、皮膚から吸収されて酔わないのかね。