ロシア上院議長「北方領土、主権は放棄できない」:朝日新聞デジタル

ハァ・・・

ロシアのマトビエンコ上院議長は1日、東京都内で記者会見を開き、北方領土について「主権をそのまま放棄することはできない」と述べ、従来のロシアの主張を強調した。領土交渉とは別に、北方領土でのロシアの主権下での共同経済活動については「行う用意がある」と語った。

マトビエンコ氏はプーチン大統領の側近で、参議院の招待で来日した。

会見では、北方領土をロシアが領有する正当性を強調。その上で、現在の日ロ交渉では「島を引き渡す議論は全く行われていない。(返還する)根拠がないからだ」と述べた。

日本がロシアに提案している8項目の経済協力について、マトビエンコ氏は「互恵的な形で経済分野で協力することは、両国の国益にかなう」と評価。日ロ両政府が協議する「貿易経済に関する政府間委員会」を、15日に東京で開くことも明らかにした。

また、マトビエンコ氏は3日に被爆地・長崎市を訪問する予定で、原爆投下について「人間に対する犯罪で必要性はまったくなかった。目的は実験だった」と米国を批判した。

会見に先立ち、マトビエンコ氏は安倍晋三首相や公明党の山口那津男代表らとそれぞれ面会した。山口氏には、日本も導入を検討する高高度迎撃ミサイルシステム「THAAD(サード)」について、「国際的な安全保障がアンバランスになる可能性がある」と懸念を示した。

ロシア側が受け入れるわけないじゃん。