【山本農水相失言】民進・蓮舫代表「舌の根も乾かぬうちに…」辞任まで審議に応ぜず – 産経ニュース

鏡見てこい。

民進党の蓮舫代表は2日、国対幹部が国会内で開いた会合に出席し、山本有二農林水産相が環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)承認案と関連法案の採決をめぐり再び失言したことについて「舌の根も乾かないうちに、まさにうわべだけだと自ら明らかにされた」と不快感を示した。

「こんな発想の大臣が大臣でいるうちには、われわれはTPPなど国益に関する質疑は全くできない」とも述べ、山本氏が農水相を辞任するまでは承認案などの国会審議に応じない考えを示した。

与野党は2日に衆院TPP特別委員会で、4日に衆院本会議でそれぞれ採決することで合意していたが、山本氏の発言を受けて2日の委員会採決を見送った。野党はなお反発しており、4日の本会議採決にも影響する可能性がある。

山本氏は1日夜、自民党議員の政治資金パーティーでの挨拶し、TPP承認案の強行採決に言及して問題になった自らの発言を念頭に「冗談を言ったら首になりそうになった」と述べた。

蓮舫は、早く戸籍標本を公開しろ。