「バガボンド」にも登場、伝統の槍術ピンチ 樫材が不足:朝日新聞デジタル

ほぉ・・・

樫を植樹する山林に立つ一箭順三さん。「50年以上の事業になる」と話す=奈良県上牧町
樫を植樹する山林に立つ一箭順三さん。「50年以上の事業になる」と話す=奈良県上牧町

興福寺(奈良市)の僧が約450年前に始めた伝統の武術「宝蔵院流槍術(そうじゅつ)」の伝承が危ぶまれている。槍(やり)に使われる長尺の樫(かし)の確保が難しくなっているためだ。そこで槍術の保存会は自ら山林で樫を育てる取り組みを始めた。維持・管理などにかかる費用の寄付を募っている。

10月下旬の奈良市中央武道場。「エーイ」「ヤー」。宝蔵院流高田派槍術を受け継ぐ数十人が稽古をしていた。槍の穂先が十文字の伝統の「鎌槍(かまやり)」(2・7メートル)を使う門下生は、相手が突いてくる、先までまっすぐな素槍(3・6メートル)を払ったり、たたき落としたりする。その度に、「パシン」と乾いた音が響く。

宝蔵院流槍術は人気マンガ「バガボンド」(吉川英治原作、井上雄彦作)でも、剣豪・宮本武蔵が創始者・胤栄(いんえい)の弟子、胤舜(いんしゅん)と対戦する様子が描かれている。NHKの大河ドラマ「武蔵」にも登場した。

いまも続く高田派は大阪、名古屋、東京、ドイツにも道場や稽古場があり、約100人が修行している。鎌は本来金属製だが、稽古や演武に使う槍は穂先も樫材を使う。樫はとても堅く、ウイスキーのたるやステッキなどにも使われる。ただ、稽古を重ねると折れたり、ひびが入ったりするので槍は年間計10本ほどが新たに必要だ。

これまで武道具店から仕入れていたが、最近は「長く節のない樫材が手に入らない」と断られるように。何とか対応してくれる製材所を見つけて頼んでいるものの、将来はさらに難しくなる。「他の材は感触やしなり方が違うため、伝承してきた『型』が正確に伝わらない」と第二十一世宗家、一箭(いちや)順三さんは語る。

そこで奈良宝蔵院流槍術保存会(会長・花山院弘匡春日大社宮司)は今年8月、樫を育てるための募金を始めた。奈良県上牧町の山林の一角(広さ約2500平方メートル)に、12月の植樹祭でまず10本を植える。

すでに苗木を育てているが、槍として使えるまでは30~50年。寄付は維持管理などの費用として使う。

宝蔵院流槍術とは
宝蔵院流槍術とは

■野球界ではバットの材料を植樹

樫は大工道具や農機具などに使う、日本人にとって身近な材木だった。樫などの木材を専門的に扱う山岸木材工業(埼玉県)の山岸清明社長(60)によると、かつては農家が防風林や防火林として自宅の周りに植え、育ったら切って売るなどしていた。その際、再び植樹していたが、需要が減って植えなくなってきた。「流通は今後も減ると思われる。(古武道の伝承のために)新たに植樹する人が出てくるのも当たり前だ」

植林には奈良県森林技術センターが協力する。樫の人工造林はあまり例がないため、スギやヒノキの生産で知られる「吉野林業」の技術を参考にする。他の種も一緒に密に植え、後に間伐することで枝より下の幹を長く、まっすぐに育てることを目指す。センターの田中正臣・総括研究員は「4メートル近くのまっすぐな材をどう確保するかが大きな課題だ」と話す。

「スポーツも環境や資源問題と無関係ではない」と指摘するのは宝蔵院の歴史に詳しい天理大学の幡鎌(はたかま)一弘教授(日本宗教史)。野球界がすでにバットの材料であるアオダモの植樹に各地で取り組んでいる。幡鎌教授は「野球は外国産の木を使う選手もいるが、宝蔵院流槍術のように替えが利かないものは、伝統を守るために自分たちでやるしかない」と語る。

寄付は個人一口5千円、計200万円が目標だ。問い合わせは一箭さん(0742・44・9124)。詳細はホームページ(http://www.hozoinryu.org)にある。(合田禄、田中祐也)

加工できるまで育つ間に、加工技術と槍術の伝承は維持できるかな?