ユネスコ記憶遺産、審査透明化へ政府間委員会設置を要望 日本政府:イザ!

変われるかな?

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の事業「世界の記憶(記憶遺産)」に中国の「南京大虐殺文書」が一方的に登録された問題で、日本政府が審査制度の透明性確保に向け、加盟国が協議する政府間委員会の設置などを求める意見書をユネスコに提出したことが31日、文部科学省への取材で分かった。

提出は30日。登録審査を担う国際諮問委員会(IAC)の勧告に基づき各国代表が議論する政府間委員会の設置のほか、専門家による現地視察、IAC委員を現行の不透明な選出方法ではなく加盟各国から公募することなどを求めた。

記憶遺産はIACが非公開で審査した結果をユネスコ事務局長が追認する仕組み。国際条約に基づき締約国の代表が議論する世界遺産や無形文化遺産の審査と異なるため、昨秋の「南京大虐殺文書」の審査では、日本側が反論する機会がないまま登録された。

審査過程を問題視した日本政府の制度改善の要請を受け、IACは記憶遺産の指針見直し作業を進めており、その意見募集に応じた。2017年の審査には、日中韓など8カ国・地域の14団体が慰安婦に関する「資料」を申請している。

どうなる事やら・・・