豊洲問題、2009年に「盛り土」を決定 News i – TBSの動画ニュースサイト

ほぉ・・・?

豊洲市場で盛り土が行われなかった問題で、東京都が「土壌汚染対策」として2009年に盛り土をすることを決定していたことが分かりました。「盛り土」を巡っては小池知事が再調査を指示していて、1日午後、臨時会見を行い、当時の幹部8人前後について責任を問うものとみられます。

東京都の豊洲新市場をめぐっては、2011年8月に行われた東京都の部課長級の会議で盛り土をしない方針での整備が決定されたとみられています。ところが、この決定の前の2009年に東京都が「土壌汚染対策」として盛り土をすることを決定していたことが都の再調査で分かりました。

東京都はこれまで、「盛り土をしない判断は段階的に行われた」としてきましたが、今回の再調査では、元市場長の岡田至氏などを責任者と特定しているということです。

小池都知事は午後4時半から臨時会見を行い、当時の幹部8人前後について責任を問うものとみられます。(01日11:27)

さあ、処分はどうする?