韓国パク大統領の知人実業家の身柄拘束 | NHKニュース

さぁ、どうなる?

韓国メディアによりますと、韓国の検察は31日夜遅く、パク・クネ(朴槿恵)大統領の知人のチェ・スンシル(崔順実)氏の身柄を拘束し、今後、パク大統領に対する国民の批判が一層高まると見られます。

韓国のパク・クネ大統領の40年来の知人で女性実業家のチェ・スンシル氏を巡っては、パク大統領から大統領府の内部資料を受け取り国政に介入していた疑いや、大統領府が間接的に設立に関与した財団の資金を流用した疑いが持たれています。

30日、滞在先のヨーロッパから帰国したチェ氏は、31日午後、任意の事情聴取を受けるため、検察に出頭しました。チェ氏は、帽子を深くかぶって右手で顔を覆い、300人を超える報道関係者の問いかけにははっきり答えないまま、検察庁舎に入っていきました。

韓国メディアによりますと、チェ氏は検察の調べに対し、「自分のせいで混乱が起きてしまい、本当に申し訳ない」と話しているものの、国政への介入や財団の資金流用などについては否定しているということで、検察は逃亡や証拠隠滅のおそれがあるとして、31日午後11時57分、身柄の拘束に踏み切ったということです。

パク大統領の支持率が過去最低にまで落ち込むなか、野党は、与党と協議して閣僚を任命する「挙国中立内閣」の発足を提案しており、チェ氏の拘束によってパク大統領に対する国民の批判は一層高まると見られます。

朴槿恵政権も秒読みかな・・・