上海問屋、100m先の音まで聞き取れる望遠スコープ付きパラボラ集音器 | マイナビニュース

いいね。

ドスパラは11月1日、同社運営の「上海問屋」にて、望遠スコープ付きのパラボラ集音器「DN-914231」の販売を開始した。価格は4,999円(税込)。

DN-914231の使用イメージと同梱物
DN-914231の使用イメージと同梱物

DN-914231は、望遠スコープ付きのパラボラ集音器。望遠スコープの倍率は8倍で、対象物に照準を合わせると望遠鏡の役目をする。さらに、トリガー風の集音スイッチを押すと、周囲の音を付属のヘッドホンで聞ける。使用環境によって異なるが、約100m先の音を聞くことができるので、バードウオッチングや野生動物の観察などに役立つ。

集音器は録画・再生機能を備えており、本体に約12秒まで録音できる。録音した音は、ヘッドホンを使ってその場で聞くことも可能だ。DN-914231本体は3.5mmステレオミニ出力端子を搭載しており、外部機器での録音にも対応している。

電源は角型乾電池(9V)を1つ使用。本体サイズは約長さ270×高さ185×厚さ62mm、パラボラは約直径220×厚さ65mm、付属ヘッドホンは約縦200~220×幅160mm。パラボラ装着時の重量は約400g。集音用パラボラ、ヘッドホン、クリーニングクロス、マニュアルが付属する。

まぁ、どこまでの精度があるのかは疑問だが。
ちなみに、定価は税込み4,999円。


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

望遠スコープ付き パラボラ集音器 (914231)
価格:4999円(税込、送料別) (2016/11/1時点)