日本は確かに清潔だ・・・称賛の一方で「自分には厳格すぎた」=中国メディア

家電なら中古買取してもらえばいいと思うがな。

歴史問題や領土をめぐる対立など、多くの中国人は日本に対して複雑な感情を抱いている。だが、それでも中国人の多くが口を揃えて絶賛するのが日本の清潔さだ。中国を訪れたことのある日本人ならば、日本がいかに清潔な国なのか知っているだろう。

中国メディアの環衛科技網はこのほど、日本の清潔さを称賛する記事を掲載し、その清潔さを実現しているのは「ゴミの分別」であると主張。「日本で生活したことがない中国人には、日本のゴミ分別やゴミ処理がいかに厳格かを理解するのは難しいだろう」と指摘する一方で、日本で一定期間住んだ感想として「日本のゴミ分別は厳格すぎた」と不満を吐露した。

記事はまず、日本の家庭ごみは「透明」もしくは「半透明」の袋に、素材や材料に応じて分別して入れることが求められると紹介したほか、「指定された時間に、指定された場所に、指定されたゴミを出す必要がある」と紹介した。中国のマンションでは一般的にいつでもゴミを捨てることができる。そのため、中国人にとっては「指定された日に、指定された場所に、指定されたゴミを捨てること」が理解し難いようだ。

さらに、日本のゴミをめぐるルールのうち、もっとも理解し難いこととして「粗大ごみ」の処理を挙げ、不要になった粗大ゴミを捨てることに費用がかかることや、引っ越しの際に自分の荷物をすべて撤去しなければならないことを挙げている。

引っ越しにあたって不要な家具や家電をそのまま部屋に置いていくことができれば、「次の入居者はその家具や家電を使うことができて資源の節約になるではないか」と主張しているが、日本のゴミ処理をめぐるルールは非常に厳格であるため、結局は不要になった粗大ゴミをすべて処理することになったと伝えている。

こうした厳格なゴミ処理のルールがすべての家庭に適用されるからこそ、日本はゴミが散乱したり、不要になった粗大ゴミが路上に放置されるようなこともないと言える。確かに日本のゴミをめぐるルールは厳しすぎるのかもしれないが、その厳しさによって日本では皆が気持ち良く暮らせているとも言えるだろう。(編集担当:村山健二)

出張費無料のところもあるんだし。