科学者ら、喫煙の恐ろしい悪影響を明らかに

ふむ・・・

米国の科学者らは、喫煙者はアルツハイマー病の確率が2倍高くなるとした。

45歳以上の人で認知機能低下の証拠が見られたケースを長年にわたり研究した末の結論。

約千人の喫煙者が研究に参加した。実験が続いた10年間にわたり、参加者の大多数が認知症の症候を確認された。

医師らはこれをもとに、禁煙または喫煙量半減を強く推奨している。

タバコを吸うのなら、周りに煙が流れないようにしてくれよ。