スーチーさん、あす来日 再会待つ、ゆかりの人たち:朝日新聞デジタル

ふむ・・・

四半世紀にわたってミャンマーの民主化運動を率い、今春、政権の座に就いたアウンサンスーチー国家顧問兼外相(71)が11月1日、来日し、5日までに東京や京都を訪れる。京都大への留学経験など、スーチー氏と日本の縁は深い。「ミャンマー首脳」としての初来日を、ゆかりの人たちは心待ちにしている。

アウンサンスーチー氏と40年の親交がある大津典子さん(右)と夫の定美さん=大津市の自宅、武田肇撮影
アウンサンスーチー氏と40年の親交がある大津典子さん(右)と夫の定美さん=大津市の自宅、武田肇撮影

■留学時代から交流40年

「国を背負って訪日する彼女を温かくもてなしたい」。元同志社大非常勤講師の大津典子さん(77)=大津市=は2日、東京・元赤坂の迎賓館で開かれる首相主催の晩餐(ばんさん)会に招かれ、スーチー氏と再会する。

「スー」「ノリコ」と呼び合う仲のスーチー氏との出会いは1975年、夫の定美(さだよし)さん(78)とともに研究留学していた英国・オックスフォードでだった。当時30歳のスーチー氏は英国人の夫や子どもと平凡に暮らす主婦。「豊かな黒髪をポニーテールに結い、10代の少女のように見えた」

昨年11月、スーチー氏が党首の国民民主連盟(NLD)が総選挙で大勝し、スーチー氏は国を率いる立場に。「『気の強い妹』であることは変わりがないけれど、心配の種が増えた」。今年9月、外交日程がきつく体調を崩したと報じられたときは「大好きなウナギのかば焼きを持って駆けつけたい」と思ったという。

長年、英国で暮らす息子との連絡役を務め、「母親としての思い」を打ち明けられる関係が続いてきた。今年5月にも多忙なスーチー氏に代わって英国で息子と会い、近況を伝えた。「これからも、母としての思いは封印せざるを得ない。とにかく心配しないでと伝えたい」

■望郷の思い伝える

東京・高田馬場でミャンマー料理店を営むミャンマー人、チョウチョウソーさん(53)は2日、ミャンマー大使館などが主催する在日ミャンマー人向けの会合でスーチー氏と対話する。

ヤンゴンで大学を卒業して会計士になり、88年に民主化運動に加わった。仲間が次々に拘束される中、91年に日本へ。難民認定を受けて店を開き、軍事政権に軟禁されたスーチー氏の解放や民主化を訴えてきた。

今年3月、25年ぶりに母国の土を踏んだ。人々のスーチー氏への期待の大きさに不安も覚えた。「日本の政権交代のように長年の野党が与党になると、一生懸命だけではうまくいかない。少しずつでもいい方向に変わっていると実感できる環境をつくることが大事だ」。母国で政治家になって貢献したい気持ちが強まった。

3年半前、スーチー氏が東京で在日ミャンマー人向けに講演した際、印象的なやりとりがあった。「母国に帰りたい」という参加者にスーチー氏は「今は保証できない」。当時はまだ旧軍政勢力の影響力が強かった。

国のトップとして来日する今回は、こう聞くつもりだ。「今度は保証してくれますか」

■商社マン、目標くれた「先輩」

伊藤忠商事に勤務する井上耕平さん(25)=大阪市=も来日を心待ちにする。スーチー氏が前回、京都を訪問した時は、京都大学のアメリカンフットボール部員。仲間と一緒にスーチー氏との交流会を催した。

スーチー氏が京大で客員研究員として学んだ「先輩」だと知り、民主化運動家としての歩みは、部のモットー「不撓(ふとう)不屈」に重なると思った。「熱い思い」を手紙で伝えた。

NLD関係者の協力もあって実現した交流会は、アメフット部員が会場準備や警備を担当し、関西一円の在日ミャンマー人が参加した。スーチー氏から「こんな機会を設けてくれてありがとう」と感謝された。

就職先を商社に選んだのは、これをきっかけに「世界」に目を開かされ、ミャンマーと関わる仕事がしたいと思ったからだ。「スーチーさんの次の課題は経済の立て直し。仕事を通して手助けできるなら、これほど素晴らしいことはありません」。スーチー氏が京都を再訪する3日、一目でも姿を見たいと思っている。(武田肇、下司佳代子)

■アウンサンスーチー氏の歩み

1945年6月 独立運動の英雄アウンサン将軍の長女として生まれる

64年 英オックスフォード大に入学

72年 英国人チベット研究者マイケル・アリス氏と結婚

85年9月 来日し、翌月に京都大の客員研究員に。父と旧日本軍との関わりなどを研究。翌年7月まで京都で暮らす

88年4月 母危篤の知らせを受けて帰国

9月 軍事政権が民主化デモを弾圧。国民民主連盟(NLD)を結成

89年7月 自宅軟禁に

90年5月 総選挙でNLDが全議席の8割を獲得。軍政は国会開会を拒否

91年10月 ノーベル平和賞授与が決定

95年7月 自宅軟禁から解放

99年3月 夫が英国で死去

2000年9月 2回目の自宅軟禁に

02年5月 自宅軟禁から解放

03年5月 3回目の自宅軟禁に

10年11月 自宅軟禁から解放

12年4月 NLDが参加した国会補欠選挙に立候補し、下院議員に

13年4月 野党指導者として来日

15年11月 総選挙でNLDが政権交代を決める

16年4月 NLD政権の国家顧問に就任

ほぉ。