日本企業、ロシア沿海地方に温室建設へ

ほぉ・・・

日本のプラント設計・施工大手、JFEエンジニアリングが連邦国営単一企業(FGUP)「極東」と共同で、沿海地方に温室を建てる意向だ。沿海地方行政が発表した。

地方国際協力協局長のアレクセイ・スタリチコフが日本の農林水産省の国際地域課長、柱本 修氏との会談で次のように述べた。

「今年、日本のJFEエンジニアリングがスラジェフカ村で温室建設を開始する。音声角面積は5ヘクタール。これは、沿海地方での温室コンビナート最大手のFGUP『極東』との共同プロジエクトだ。投資額は約100万ルーブル。」

柱本氏は、極東の発展は農業、林業、漁業分野での協力を内包していると指摘し、「我々は現在、日本からの民間企業が沿海地方で働くように作業している」と述べた。

まぁ、上手く行くといいね。