伊中部でマグニチュード6.6の地震 けが人多数か | NHKニュース

また揺れたのか・・・

イタリア中部で日本時間の30日午後、マグニチュード6.6の地震があり、ロイター通信は地元の治安当局の話として、これまでのところ、死者は報告されていないものの多くのけが人が出ていると伝えています。
イタリアの中部で、30日午前7時40分(日本時間の30日午後3時40分)ごろ、地震がありました。

アメリカのUSGS=地質調査所によりますと、地震の規模を示すマグニチュードは6.6、震源地は中部の町、ノルチャから北におよそ6キロ、震源の深さはおよそ10キロと推定されています。

ロイター通信は、イタリア中部で多くの建物が倒壊し、地元の治安当局の話として、これまでのところ死者の報告はないものの多くのけが人が出ていて、被害状況を詳しく調べていると伝えています。

震源に近いノルチャの様子を撮影した映像からは、建物の屋根や壁が大きく崩れるなどして道路にがれきが散乱しているのが確認できます。

イタリア・ローマにある日本大使館によりますと、日本時間の30日午後8時すぎの時点で、日本人がけがをしたなどの情報は入っていないということで、引き続き、この地域に暮らす日本人に連絡をとるなどして安否の確認を急ぐことにしています。

イタリア中部では、ことし8月、マグニチュード6.2の大規模な地震が起きておよそ300人が死亡したほか、今月26日にもマグニチュード5.5と6.1の地震が相次ぎ、数十人がけがをしています。

過去にも北部から中部で大きな被害

イタリアでは、過去にも北部から中部で大規模な地震が起き大きな被害が出ています。

2009年4月には、中部の都市ラクイラの近郊を震源とするマグニチュード6.3の地震が起き、住宅など多くの建物が倒壊し、合わせて300人を超える犠牲者が出ました。
この地震では、18世紀に建てられた教会の一部が崩れ落ちるなど多くの歴史的建造物にも被害が出ました。

また、2012年5月には、イタリア北部のボローニャの近くを震源とするマグニチュード6.0の地震と、その後、発生した余震で20人以上が死亡しました。

さらに、ことし8月、マグニチュード6.2の大規模な地震が起きて、およそ300人が死亡したほか、今月26日にもマグニチュード5.5と6.1の地震が相次ぎ、数十人がけがをしています。

イタリアも大変だな。