「うちの県でもやって!」長崎県が始める“お見合いシステム”に反響が続々

下手な出会い系よりもいいんじゃない?

fotolia

fotolia

長崎県で、男女の出会いを応援する「お見合いシステム事業」が始まる。

会員制のデータマッチング事業

長崎県は未婚化や晩婚化、少子化対策として、男女が出会う場を創出するための会員制データマッチング「お見合いシステム」事業を始める。

10月28日から本登録がスタート。来年1月から相手の検索ができる予定だ。

結婚を希望する男女をデータベース化

お見合いシステムは、結婚を希望する独身男女をデータ化してマッチングにより引き合わせる1対1のお見合い事業。

長崎県「お見合いチラシ」

長崎県「お見合いチラシ

希望条件に合った人を検索できるだけでなく、システムがデータを活用して合いそうなパートナーを紹介してくれることも。

引き合わせ申し込み後の相手の意思確認や引き合い時の立会い、交際する意思の連絡、交際のサポートまで行ってくれるという。

県外在住でも登録OK

登録時には「独身証明書」と「写真付きの身分証」「写真」「入会登録料」が必要。長崎県外在住でも登録でき、3親等以内の親族による登録も可能だとか。

閲覧できるデータは以下のとおり。

【必須】

  • 年齢
  • 性別
  • 居住地(市町村まで)
  • 職業
  • 婚姻歴
  • 子供の有無
  • 顔写真

「身長」や「年収」「血液型」「転勤の有無」「結婚後の同居の希望」「婿養子になる意思の有無」「雇用形態」などは任意登録だが、記入した場合は開示される。

料金は2年で1万円

入会登録料は2年間1万円と、入会金や月会費、お見合い料だけでなく、平均20万円超の成功報酬が必要な一般の結婚相談所や結婚情報サービスと比べると非常に安い。

さらに、来年3月までに登録が完了すれば1年間無料になるとか。なお、引き合わせ時に、引き合わせ費用として1人1000円払ってもらうことを検討しているという。

ネット上には「効率的」という声

長崎県でデータマッチングを活用した婚活支援事業が始ることを受けて、ネット上には反響が続々。

  • 未来感
  • やみくもに男女を引き合わせるより効率的
  • 登録したーい!
  • 我が県にも、是非是非!!
  • 兵庫県もやってくれ~
  • 熊本でも検討して欲しい
  • 神奈川県もやって

「うちの県でもやって欲しい」という声が複数投稿されていた。

自治体の婚活支援での成婚が続々

近年、少子高齢化を受けて自治体による婚活支援が続々と行われている。

秋田県や秋田県内の市町村などは2011年に共同で「あきた結婚支援センター」を設立。今までに累計900人のカップルが成婚に至っている。

長崎県と同様にデーターベース化したマッチングスステムを提供している長野県では、およそ4年間で102件のお見合いがあり、4組が成婚したという。

他の県でもやればいいのに。