【海外発!Breaking News】SNSに結婚式の写真を投稿した花嫁 「契約違反」として式から2時間後に離婚(サウジアラビア) | Techinsight

ほぉ・・・

日本ではまだあまり聞き慣れない「婚前契約書(プレナップ)」という言葉。財産や地位のあるカップルが、万が一離婚の際に備えて婚姻前に交わす契約書のことをいう。このほどサウジアラビアのあるカップルが、婚前契約書を交わして結婚した。しかし、その契約を花嫁が破ってしまったために、花婿が結婚式からわずか2時間後に離婚を突きつけたというのだ。このカップルがどのような経緯で結婚に至ったかは明らかにされていないが、どうやら花婿となった男性は花嫁の「SNS好き」を理解していなかったようだ。

このほどサウジアラビアで結婚式を挙げたあるカップルの悲劇を、各紙が伝えている。幸せいっぱいの結婚式を挙げたカップルであったが、花嫁が2人の結婚式の写真をSNSの「スナップチャット」に投稿したため破局を迎えることになってしまったのだ。

花嫁の弟が地元紙『Okaz』に語ったところによると、花婿は婚前契約として、花嫁がスナップチャットやインスタグラム、ツイッターなどあらゆるSNSに結婚式の写真を投稿しないように提示していたという。

ところが花嫁は、この提示を深刻には受け止めていなかった。一生に一度(となるはずの)幸せな結婚式での自分の姿を友人たちにも披露したいといった気持ちがあったのだろう、いつもの癖でスナップチャットに投稿してしまった。

それが原因で「契約違反」となり、結婚式からわずか2時間で離婚になってしまうのは少々厳しすぎやしないかと花嫁側は不服を申し立てているものの、花婿側は「契約は契約。違反したのなら花婿の意思に従うべきであり、離婚する権利はある」と主張している。

なおサウジアラビアでは、同様のケースが今年初めにも起こっていた。このカップルはジッダ市内で挙式後、2人でホテルの部屋に戻った。そこで新婚らしく花婿が花嫁に愛情を示そうとしたのだが、SNSに夢中になっていた花嫁は彼を拒否した。花婿がSNSを止めるように伝えるも、逆に花嫁が激怒。そこで花婿は「自分とSNSの友人とどちらが大切なんだ」と訊ねると、なんとこの花嫁は「SNSの友人に決まってるじゃない」と答えたという。

自分の言葉も聞かず、愛情に応えようともしない花嫁に花婿は怒り、離婚を言い渡しホテルの部屋を出た。このカップルの一件は、親族側が『Saudi daily Al Watan』に話したことで明らかとなっている。

サウジアラビアの法学者アーマッド・アル・マービ(Ahmad Al Maabi)氏によると、結婚式を挙げてまもない夫婦が離婚となるケースは全体の約50%にも及んでいるといい、「若いカップルの間では、互いの深い理解や(結婚への)責任を持たず、誤解や価値観の違いを持ったまま安易に結婚へ至ってしまうことが主な離婚の原因となっています。結婚はしっかりした基盤と信頼がないと長くは続かないものです」と語っている。

これは・・・