「Java」ランタイムのインストール時に表示される広告が凶悪化? – やじうまの杜 – 窓の杜

迷惑だよな。

スポンサーオファーはオプションで拒否可能。対策アプリの導入も検討しよう

「Java SE 8 Update 111」のセットアップダイアログ

先日「Java SE 8 Update 111」が公開されたので早速アップデートしたのですが、インストールの際に表示される広告の仕様が以前と変わっていることに気付きました。無視して[次へ]ボタンを押すとダイアログが暗転し、お勧めアプリを追加するというチェックボックスをONにするよう促されるのです。

幸い[OK]ボタンを押して通知を消し、チェックボックスをOFFにしたまま再度[次へ]ボタンを押すことでインストール処理を続行することができましたが、なかには『お勧めアプリを追加しなければインストールを完了できないのではないか』と不安になるユーザーもいるのではないでしょうか。

企業もビジネスでソフトを提供しているのですから、こうしたスポンサーオファーがあるのはある程度致し方のないところかもしれません。しかし、好むと好まざるとにかかわらずインストールが必要となるランタイムで、このような紛らわしいオファーを行うことは、決して褒められた態度ではないでしょう。

スポンサーオファーを二度と見たくない場合は、スタートメニューで「Javaの構成」を検索して起動し、[詳細]タブにある[Javaのインストールまたは更新時にスポンサのオファーを表示しない]というオプションを有効化しましょう。次回からは表示されなくなるはずです。

また、「Unchecky」のようなスポンサーオファー対策ソフトを導入するのも一つの手です。「Unchecky」は、インストールの際バンドルソフトの追加オプションを自動で解除し、意図しないソフトがインストールされるのを未然に防止してくれるすぐれもの。今回の「Java」のようなケースでは役に立たないものの、一般的なスポンサーオファーであれば対応が可能なものも多いので導入しておくと安心です。

ただし、過度な期待は禁物。あくまでもインストールの際は案内や規約の隅々まで目を通し、安易に[次へ]ボタンを押さないようにするのが基本です。

関連リンク

そこまでして入れさせたいのかね。