JAおおいた:ネギ独占、出荷強制か 公取委が立ち入り – 毎日新聞

だから利権を得られないようにしろと・・・

大分県農業協同組合(JAおおいた)が、特産のブランド小ネギ「味一ねぎ」を生産する組合員に対し、全量を農協に出荷するよう強制した疑いがあるとして、公正取引委員会は27日、独占禁止法違反(不公正な取引方法)の疑いで同農協に立ち入り検査に入った。

味一ねぎはJAおおいたが商標登録している。ホームページによると、2008年に県北部3市で生産される小ネギの銘柄を統一し、生産部会を設立。09年に集出荷施設を完成させ、皮むきや袋詰め作業などを一本化した。近年は年間1400トン前後を東京や大阪などにも出荷している。関係者によると、同農協は他業者に出荷しようとする組合員に差別的な取り扱いをした疑いが持たれているという。

環太平洋パートナーシップ協定(TPP)発効を前に、公取委は農協への監視を強めており、農協との取引で不当な圧力を受けた農家からの通報を受け付ける情報提供窓口を4月に設置。取り締まりの専門チームを作って対応している。

JAおおいたは、立ち入りの事実を認め「検査には協力するが詳しい説明を受けていないのでコメントは控えたい」としている。【高木香奈】

役員なんて、名誉職になればいいのに。