女子高生、鮮やかマグロ解体 私たちフィッシュガール!:朝日新聞デジタル

ほぉ・・・

全国でマグロの解体を披露している女子高生がいる。愛媛県立宇和島水産高校(宇和島市)の女子生徒有志による「フィッシュガール」は、北海道から九州まで足を運び、愛媛の魚の魅力を発信する。

16日午後、福岡市の百貨店・博多大丸の鮮魚売り場。3年生の濱田春菜さん(18)と松本唯さん(18)が赤い作務衣(さむえ)で登場した。

濱田さんはのこぎりや出刃包丁、牛刀を使い分けながら、愛媛県で稚魚から養殖したクロマグロ「だてまぐろ」を解体していく。力を込めて頭を切り分け、骨に沿って包丁を入れる。切り取った大きな身を持ち上げると、約50人の買い物客から拍手が起きた。

隣に立つ松本さんは「愛媛の生産者の手で丹精込めて育てられた魚を『愛育フィッシュ』と呼んでいます!」と笑顔で解説する。マグロの卵の大きさなどクイズも盛り込む。25分ほどで解体は終わり、多くの人がマグロを買っていった。

フィッシュガールは5年前、水産食品科の鈴木康夫教諭(45)が「愛媛の豊かな水産物を全国に発信し、地域を活性化したい。生徒の教育にもなる」と発案した。最初は県のイベントの一つとして、東京の百貨店で披露。その後、各地で実演する中で評判となり、今は年間約40回。シンガポールやマレーシアで解体したこともある。

これまで女子生徒16人が活動に参加し、現在は3年生5人、1年生4人。大半は入学後に初めて解体を体験する。最初は小魚。続いてアジ、ブリ、マグロと、徐々に大きな魚に挑む。濱田さんや松本さんも先輩の楽しそうな姿を見て「やってみたい」と始めた。

ただ、クロマグロは男性でも動かすのが大変だ。濱田さんは「練習の成果が本番で発揮でき、たくさんの人にすごいねと言ってもらうとうれしい」。松本さんは「海外にも行けて、高校生ではできないすごくいい経験になっている。自分たちが活動することで、魚に興味を持ってくれれば」と話す。

フィッシュガールは、大阪市北区の阪神百貨店梅田本店で29日午後1時半からと30日午後2時から、堺市北区の大起水産街のみなと堺店で30日午前10時半から実演する予定だ。(前田智)

フィッシュガールなのか。