「パンクさせれば盗めない」アフガン警察、車泥棒防止で苦肉の策 国際ニュース:AFPBB News

緊急出動できないじゃん・・・

アフガニスタンの首都カブールで、タイヤの空気を抜いた車の横に立つ警察官(2016年8月23日撮影)。(c)AFP/WAKIL KOHSAR
アフガニスタンの首都カブールで、タイヤの空気を抜いた車の横に立つ警察官(2016年8月23日撮影)。(c)AFP/WAKIL KOHSAR

【10月27日 AFP】イスラム過激派の襲撃が相次ぐアフガニスタンの首都カブール(Kabul)。ある暖かい日曜日、警察官がパトロールを行っている。しかし、過激派を捜索しているのではない。任務は路上に止められている車のタイヤの空気を抜くことだ。

アフガニスタンでは自動車の盗難が後を絶たず、当局はその防止に苦慮している。そこで登場した奇策がタイヤの空気抜き。「動かせなければ盗めない」。単純明快な発想だ。

公式統計によると、今年3月から7月にかけてカブールの路上で300台もの自動車が盗まれた。昨年からは若干減っているものの、警察にとって頭の痛い問題であることは変わらない。

「効果はてきめんだよ」。新たに打ち出した対策について、警察官の一人は勝ち誇った笑みを浮かべて話す。「以前に比べて、路上に車を止めたままにする人が少なくなったからね」

もっとも、市民の間では反発も強い。何度も修理に行かなければならず、手間もお金もかかるからだ。

市中心部にある闇市そばのタイヤ修理店を訪れていたアクバルさんは「警察は役に立つものなのか、それとも害を与えるものなのか、さっぱり分からない」とこぼし、こう続けた。「車の盗難防止のためにパンクさせるというのは、どう考えてもおかしい。ここではほんの数分車を止めれば泥棒に盗まれてしまうか、警察に傷つけられるかのどちらかだ」

(c)AFP/Usman SHARIFI

それが狙いか?