イギリスの大学が「AI裁判官」を共同で開発 過去の事件データベースから判決を予想

判例を集めないとな。

欧州人権裁判所の判決を予想した所、79%の割合で的中したとのこと。

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)らのチームが、人工知能による「AI裁判官」を開発し、話題になっています。

この「AI裁判官」は、機械学習アルゴリズムを使って事件のテキストを自動的に分析することで、法廷の結果を予測できるというもの。584例の人権侵害事件データを学習させているほか、さらにバイアスと誤学習を防ぐため、それと同じだけの人権非侵害の事件データもスキャンしているそうです。実際の欧州人権裁判所の判決を予想させたところ、的中率は79%に達したとのこと。単なる法的判断だけに留まらず、倫理的な判断に対しても正確さが期待できるため、どのケースが「人権条約」に違反するかをピックアップする重要なツールにもなり得ると、UCLのニコラオス・アレトラス博士は説明しています。

このシステムを導入する事で、裁判の効率アップが期待できますが、実用化するためにはより多くの記事や事件データを学習して、さらに精度を高めていかなくてはいけないと、共著者のシェフィールド大学、ディミトリオス・ツアラパツァニス博士は語っています。

どれだけ事例を登録できるのにかかってくるな。