大川小学校の津波訴訟 石巻市などに14億円余の賠償命令 | NHKニュース

ふむ・・・

東日本大震災の津波で犠牲になった宮城県石巻市の大川小学校の児童の遺族が訴えた裁判で、仙台地方裁判所は「津波の危険が予測でき、近くの裏山に避難すべきだったのに、別の場所に移動したのは過失がある」と指摘して、石巻市と宮城県に対し14億円余りの賠償を命じる判決を言い渡しました。

石巻市の大川小学校は、震災の津波で74人の児童が犠牲になり、このうち23人の児童の遺族は石巻市と宮城県に対し1人当たり1億円、合わせて23億円の賠償を求める訴えを起こしました。

裁判では、海岸からおよそ4キロ離れた小学校まで津波が来ることを学校側が予測できたかどうかや、学校の近くにある裏山に避難するなどして児童の安全を確保できたかどうかなどが争われました。

26日の判決で、仙台地方裁判所の高宮健二裁判長は「石巻市の広報車が学校の近くで呼びかけた午後3時半ごろまでには津波が到達することを予測できたと認められる。近くの裏山に避難すべきだったのに、川沿いの交差点に移動したのは過失がある」と指摘して、石巻市と宮城県に対し14億2600万円余りの賠償を命じました。

大川小学校では学校の管理下としては震災で最も多い子どもたちが犠牲になり、裁判所の判断が注目されていました。

どうでるか・・・