【海外発!Breaking News】家の中に鍵を忘れた男性 煙突から侵入するも抜け出せず(米) | Techinsight

えぇ・・・

米アリゾナ州ツーソンで、家の中に鍵を忘れた男性が屋根に上り煙突から侵入を試みたものの、身動きがとれなくなるというアクシデントがあったことを『telegraph.co.uk』などが報じている。煙突は下に近づくにつれて細くなっており、男性は床に足がついた状態で抜け出せなくなってしまったという。

オートロックのドアで家の中に鍵を忘れてしまった場合、あなたならどうするだろうか? 日本で行ったあるアンケート調査の結果では約半数が家族や知人、管理人などに連絡すると回答している。なかにはプロの助けを借りて鍵をまるごと替えてしまう人もいるようだが、アリゾナ州ツーソン住む26歳の男性はなんと煙突からの侵入を試みた。

この男性、煙突に入ったまでは良かった。しかし室内の暖炉へとつながる煙突内部は直径が狭くなっており、男性は床に足がついたものの煙突の中で身動きがとれなくなってしまったのだ。

彼は煙突内部から大声で助けを求めたが、近所の住民が異変に気づいたのは1時間以上も経ってから。通報を受けて駆けつけた消防隊はロープを垂らして救出しようとするも上手くいかず、結局は消防隊員が煙突に入り男性を抱えて引き上げた。

4時間以上も煙突の中にいた男性は全身ススだらけであったが、救急救命士が健康状態を確認したところ目立った外傷はなかったという。

家に鍵を忘れた時、鍵のプロの助けならまだしも消防隊員のお世話になるのは避けたいものだ。ちなみに煙突からの侵入成功率は決して高くないようで、昨年もカリフォルニアで煙突から侵入した女性が全裸で消防隊員に救助され、とんだ醜態をさらして話題になった。

A 26 year old Tucson man was grateful this morning after being rescued from a chimney at his University area home….

Posted by Tucson Fire Department on Sunday, October 16, 2016

真っ黒・・・