電通本社 夜10時に一斉消灯 過労死自殺受け | NHKニュース

自宅に持ち帰りとかは?

大手広告会社の電通は、新入社員だった女性が去年、過労のため自殺した問題を受けて、24日から深夜勤務を原則として認めないことにし、夜10時に本社のビルを一斉に消灯しました。

電通は、新入社員だった高橋まつりさん(当時24)が去年12月、過労のため自殺した問題などを受けて、24日から夜10時以降の深夜勤務を原則として認めないことにしました。

東京・港区にある電通の本社ビルでは、10時を前に社員が次々と退勤を記録するゲートを通り帰宅していました。そして、10時になると48階建ての本社ビルの照明が一斉に消えました。ビルの管理室で操作して各フロアの照明を消したということで、当面、全国の支社も含めて午後10時から翌朝5時までは照明をつけないということです。

電通では、このほか労使協定で決めている残業時間の上限を来月1日以降、月70時間から65時間に引き下げるなどして、社員の労働時間を抑制していくことにしています。

電通広報部は、「社員の健康維持と法令順守のために労働環境の改善に全力で取り組みます」と話しています。

残業って、社屋でやる事ばかりじゃないよね?