高層マンション固定資産税見直しへ 「高層階ほど高く」

ふむ・・・

マンションの固定資産税は、部屋の床面積が同じ場合、現在、どの階でも同じ税額だが、不公平だとの声をふまえ、上の階ほど税額が高くなるよう、が検討されることになった。

マンションの建物部分にかかる固定資産税は、現在、建物の評価額をもとに、マンション全体の税額を計算したうえで、それぞれの部屋の床面積に応じて、割り振られる仕組みになっている。

床面積が同じだと、部屋がどの階にあっても、税額は同一で、高層階と低層階で、販売価格が大きく異なる高層マンションでは、不公平だとの声が上がっていた。

このため、総務省は、上の階ほど税額が高く、下の階ほど低くなるよう、制度の見直しを進める方針で、財務省や与党と調整したうえで、2017年度の税制改正に盛り込みたい考え。

sp2016102414_50

いいんじゃない?