スマホのカメラで指静脈認証が可能に、日立が新技術を開発 – クラウド Watch

ほぉ・・・

専用センサーなしでオンラインショッピングでの本人認証を可能に

株式会社日立製作所(以下、日立)は24日、スマートフォン内蔵のカメラを利用して指静脈認証を行う技術を開発したと発表した。オンラインショッピングなどにおける本人認証手段として利用できるという。

今回開発されたのは、スマートフォンに標準搭載されているカメラを利用し、指静脈認証による本人確認を行う技術。指静脈認証では、生体の特徴を示すパターンが体内にあり、ほかの生体認証方式と比べて偽造やなりすましが困難なため、安全に認証できるメリットがある。しかし、肉眼では見えにくい指静脈パターンを読み取るため、これまでは赤外線を用いた専用センサーが必要だったという。

今回、日立では、スマートフォンのカメラで撮影した複数の指のカラー画像から、指の色情報を活用して指の静脈に特有な色合いの部分を強調することで、静脈パターンを抽出する画像処理技術を開発。これにより、変化しやすい皮膚表面のしわの情報と区別可能になり、安定的に指静脈パターンを抽出できるようになった。

あわせて、指をカメラにかざすときに生じる、指の姿勢のずれを補正する技術も開発した。指の色や形の実例画像を学習させることで、画像に映り込む背景に左右されず、指領域だけを抽出し、指の位置や向きを検出して各指の傾きや大きさを補正できる。このため、指のかざし方の自由度が高まったという。

さらに、複数の指の静脈パターンを認証に用いることにより、本人であることを正しく判定する確率を高めて、認証の高精度化を実現しているとのこと。

関連リンク

凄いな。