宇都宮公園爆発 焼死の72歳元自衛官の靴下から遺書「命を絶って償います」 県警は殺人未遂容疑で捜査:イザ!

72歳の元自衛官・・・

23日午前11時40分ごろ、宇都宮市本丸町の宇都宮城址(じょうし)公園で爆発があった。栃木県警宇都宮中央署によると、男1人の焼死体が見つかり、巻き添えで同市の64歳と58歳の男性が大けが、中学2年の男子生徒(14)が軽傷を負った。遺体からは遺書が見つかり、県警は焼死した元自衛官の栗原敏勝容疑者(72)=同市針ケ谷町=が自殺を図ったとみて、殺人未遂容疑で調べている。

県警によると、栗原容疑者の遺体は激しく損傷。右足の靴下に折りたたまれたA4判1枚の遺書がはさまっていた。「命を絶って償います」と書かれていたほか、家庭内の事情など個人的な内容が書かれており、県警はテロなど組織的な背景はないとみている。

午前11時半ごろには、公園近くの駐車場で車が爆発炎上。けが人はなかったが、複数の車両が燃え、1台は栗原容疑者の名義だった。車の爆発の約15分前には、栗原容疑者の自宅が全焼する火事が起きており、県警が関連を調べている。

車の爆発後、公園に向かう男の姿が目撃されており、県警は栗原容疑者の可能性があるとみている。公園ではこの日、「宇都宮城址まつり」が開かれていたが、爆発騒ぎを受けて中止となった。

宇都宮城址公園は、東武宇都宮駅から南東約500メートル。付近には宇都宮市役所やビルなどが立ち並んでいる。宇都宮市のホームページによると、祭りでは城にまつわる歴史紹介のほか、和太鼓などのステージが開かれていた。

駐車場での爆発を目撃した同市の主婦、鱒渕典子さん(55)は「テロかなと思うくらいの爆発音だった。1回目は大したことはなかったけれど、2回目はかなりひどかった。車のフロントガラスが割れて、何かが飛び散るのが見えた」と驚いた表情で話した。

宇都宮城址まつりに向かう途中だった同市の岡本傑さん(27)は「住宅火事かなと思ってきてみたが違った。心臓に響くような爆発音がした」と話し、「タイヤやガソリンの焼ける臭いがひどかった」と振り返った。「駆けつけた警察官に、事故ではなく事件性があるので現場検証をすると説明を受けた」という。20代女性も「怖くて車に乗りたくない」とおびえた表情を浮かべた。

なんだかなぁ・・・