広島 追突事故起こしたミキッチを懲戒処分に タクシー乗客が骨折

まぁ、仕方ないね・・・

J1広島は24日、相手方に骨折などの重傷を負わせる追突事故を起こしたMFミハエル・ミキッチ(36)について、社会的責任の大きさを鑑み、6日間の謹慎と2試合の出場停止という懲戒処分を科したと発表した。

ミキッチは10月23日午後0時35分ごろ、広島県福山市内の路上で普通乗用車を運転中、タクシーに追突。タクシーに乗車していた乗客2人のうち男性1人が頭部の打撲・裂傷、女性1人が肋骨骨折、鎖骨骨折と診断された。タクシーの運転手とミキッチに怪我はないという。

謹慎期間は10月23日から28日までの6日間で、その間の練習参加も禁止。2試合の出場停止は10月29日の福岡戦(Eスタ)、11月3日の新潟戦(デンカS)の今季リーグ戦残り全2試合が対象となっている。

交通事故を起こしたクロアチア出身のミキッチ

相手は骨折か。