南アルプス北岳周辺のライチョウ激減 テンなど捕獲検討:朝日新聞デジタル

保護するのならきっちりやれよ。

山梨・長野県境の南アルプスで、北岳(標高3193メートル)の周辺に生息する国の特別天然記念物ライチョウが激減している。まわりに新たな「天敵」が増えているためだ。放置すると絶滅の恐れがあるとして、環境省はライチョウを襲うテンとキツネについて場所を限定した捕獲を検討している。

長野県大町市で16日にあった「第17回ライチョウ会議」で現状が報告された。30年以上研究を続ける中村浩志・信州大名誉教授(69)の調査では、北岳周辺で1981年に150羽を確認したが、2014年は20羽だけだった。

中村さんによると、ライチョウは南アルプス、北アルプス、乗鞍岳、御嶽山など標高2千メートル以上の高山帯に2千羽弱が生息している。このうち南アルプスには約300羽いるが、他の生息地から離れており、長く飛べないライチョウは行き来ができない。「減り続けると、この地域での絶滅が避けられない」という。

原因は、もともと高山帯にはいないシカやテン、キツネ、サル、カラスなどが、生息域に出没するようになったためとみられる。シカは2000年ごろから現れ始め、ライチョウの餌となる高山植物を食べる。テンとキツネは登山者の増加で山小屋周辺に居着くようになり、定点カメラの映像やふんの分析から、ヒナや親鳥を襲うことがわかったという。

中村さんと信州大のチームは昨年から、環境省の許可を得て北岳周辺で「ケージ保護」を続けている。ヒナの死亡率が高い誕生からの約1カ月間、悪天候時や夜間はケージの中にライチョウ親子を保護し、日中は外へ出して人が付き添い、天敵から守る。今夏は3家族を見守り、7月下旬に15羽のヒナを巣立たせたが、10月上旬まで生き残ったのは2羽だけ。この時期、まだ親鳥と一緒に行動しているはずの多くの若鳥が姿を消していたという。

調査した元信大生で東邦大学訪問研究員の小林篤さん(29)は「出没するテンやキツネに襲われた可能性が高い。手間と愛情をかけて見守ったのに悔しい」と話す。北アルプスの調査では、サルやカラスがヒナや卵を食べる様子も観察されている。南アルプスでも同じことが起きている可能性が高いという。

中村さんは「人間がライチョウの生息環境に多数の天敵を呼び寄せてしまった。加害する動物を取り除かないと、南アルプスのライチョウはまもなくいなくなる」と警告している。

環境省は来年1月の「ライチョウ保護増殖検討会」で、専門家を交えて南アルプス個体群の保護策を決める。加害がはっきりしているテンとキツネの駆除などを検討している。環境省南アルプス自然保護官事務所の仁田晃司自然保護官(56)は「在来野生動物の駆除は慎重に考えなければならないが、ライチョウの保護を急がないと手遅れになる」と話す。(河合博司)

北岳周辺で生まれたライチョウのヒナ。ケージ保護で無事大きく育った=7月、長野朝日放送提供
北岳周辺で生まれたライチョウのヒナ。ケージ保護で無事大きく育った=7月、長野朝日放送提供
北アルプスの東天井岳で、ライチョウのヒナをくわえるサル。北岳周辺にもサルが出没している=2015年8月、中村浩志名誉教授撮影
北アルプスの東天井岳で、ライチョウのヒナをくわえるサル。北岳周辺にもサルが出没している=2015年8月、中村浩志名誉教授撮影
北アルプスの乗鞍岳で、ライチョウの巣から卵を持ち去るハシブトガラス=6月、環境省提供
北アルプスの乗鞍岳で、ライチョウの巣から卵を持ち去るハシブトガラス=6月、環境省提供

対応が甘いんだよ。