米東部でサイバー攻撃発生、ツイッターなど主要サイトで障害 | ロイター

マジか・・・

[21日 ロイター] – ネットインフラ提供の米ディンを狙ったサイバー攻撃が21日発生し、短文投稿サイトのツイッター(TWTR.N)や音楽配信のスポティファイなどの大手サイトでサービスに支障が出た。主に米東海岸の利用者が影響を受けたという。

誰が攻撃したのかは現時点で不明。当局者がロイターに明らかにしたところによると、国土安全保障省および連邦捜査局(FBI)が調査に当たっている。

米国では最近、政治組織や選挙機関を標的にしたサイバー攻撃が多発しており、サイバー犯罪の脅威が高まっている。

ツイッターやスポティファイのほか、民泊の宿泊予約ウェブサイトのエアビーアンドビー、ニュースサイト「ザ・バージ」などでも影響が出た。アマゾン(AMZN.O)のウェブサービス事業でも一時、関連して障害が発生したという。

ディンはドメインネームサーバー(DNS)の管理サービスを提供。サイトへのアクセス要請はDNSサーバーを経由するため、DNSプロバイダーへの攻撃は大きな影響をもたらす可能性がある。

ディンは製薬大手ファイザー(PFE.N)やクレジットカード大手ビザ(V.N)、動画配信サービス大手ネットフリックス(NFLX.O)、ツイッターなど大手企業を顧客に持つ。

気づかなかった、