震度6弱 国交省が災害対策本部 被害把握に全力 | NHKニュース

本当に多いな・・・

鳥取県で震度6弱を観測する地震が起きたことを受け、国土交通省は災害対策本部を設置し、石井国土交通大臣は「被害状況の把握に全力を挙げ、地元自治体からの要請には全面的に応えてほしい」と指示しました。

国土交通省では午後3時半から災害対策本部の会議が開かれ、石井国土交通大臣は「被害状況の把握に全力を挙げるとともに人命救助を最優先にして対応にあたってほしい。地元自治体からの要請には全面的に応えてほしい」と指示しました。

国土交通省によりますと、国が管理する河川やダムのほか、空港や港湾について被害が出ていないか確認を進めていますが、午後6時の時点で被害の情報は入っていないということです。国土交通省は引き続き、ヘリコプターを飛ばすなどして土砂の崩落が起きていないかを含めて、被害が出てないか確認にあたっています。

また、国土交通省では、震度6弱を観測した倉吉市や湯梨浜町、北栄町をはじめ、鳥取県などに合わせて9人の職員を支援のため派遣しました。

地震の時は、店のトイレにいた。