ドコモが格安スマホ潰しの“秘密兵器”投入 価格650円のオリジナル機種「MONO」 – 産経ニュース

スペックの方は・・・

NTTドコモは19日、今月末から来年3月にかけて発売する冬春モデルの新商品13機種を発表した。この中で異彩を放つのが、「初のドコモオリジナルブランドのスマホ」をうたう「MONO(モノ)」だ。販売価格はジャスト650円。格安スマホに対抗する“秘密兵器”として市場に送り込む。

MONOは、1年間の端末使用を前提にした割引の適用という条件つきながら、一括650円で購入できる。月々の支払いから端末料金がなくなるので、通信料金などだけにぐっと軽減される。

2年間分割払いでは割安感があるスマホは少なくないが、一括650円ポッキリというのは破格といえる。

同日の記者会見で吉沢和弘社長は「お客様の大切な『モノ』にいうことで名付けた。ベーシックな機能の新定番のスマホ」と話した。

MONOは、中国の通信機器大手、中興通訊(ZTE)に製造を委託した。高音質通話の「Volte(ヴォルテ)」や防水機能など基本的な機能を備えながら、格安価格を実現したという。

NTTドコモが冬春モデル発表会を開催。これがドコモオリジナルスマホをうたう「MONO(モノ)」=19日、東京都中央区(寺河内美奈撮影)

  • ディスプレイ:4.7インチ(HD・TFT)
  • OS:Android6.0
  • RAM/ROM:2GB/16GB
  • バッテリー:2440mAh

ストレージが16GBか・・・