「君の名は。」アニメ部門で最優秀賞 シッチェス国際映画祭 世界三大ファンタスティック映画祭の一つ – 産経ニュース

おめでとうございます。

東宝に16日に入った連絡によると、新海誠監督のアニメーション映画「君の名は。」が、世界三大ファンタスティック映画祭の一つ、スペインのシッチェス・カタルーニャ国際映画祭のアニメーション作品部門の最優秀長編作品賞を受賞した。日本映画が同賞を受賞するのは、昨年のアニメ映画「百日紅」に次ぎ、5作品目。

「君の名は。」は、山奥に住む女子高校生と東京の男子高校生が、夢の中で入れ替わる奇妙な体験を繰り返す物語。惑星来訪も絡み、恋と奇跡が壮大なスケールで描かれる。

新海監督は「本当に光栄に思います。この映画をスペインの方々に楽しんでいただけたことに、とても励まされました」とコメントを発表した。

東宝によると、「君の名は。」は、台湾、香港、英国など89の国と地域での配給が決まっている。

映画「君の名は。」の原作「小説 君の名は。」(新海誠著、角川文庫)
映画「君の名は。」の原作「小説 君の名は。」(新海誠著、角川文庫)

結局、どういう内容なのか知らないんだよな。