大谷165キロ連発セーブ!日本ハム4年ぶり日本S/野球/デイリースポーツ online

カープの相手は日ハムになったか。

「パCSファイナルS・第5戦、日本ハム7-4ソフトバンク」(16日、札幌ドーム)
日本ハムがリーグ優勝によるアドバンテージ1勝を含め4勝2敗で4年ぶり7度目の日本シリーズ進出を決めた。九回に3番・DHで先発出場していた大谷翔平が救援登板。自己最速を更新する165キロをマークするなどし、試合を締めくくった。

この試合、何度も采配を的中させてきた栗山監督が最後に送り出したのは大谷だった。DHを解除して「3番・投手」としてマウンドへ。「ピッチャー・大谷」の場内アナウンスに超満員のスタンドはどよめきのあと、大歓声に包まれた。

先頭の松田への初球は163キロ。これをファウルされると続く2球目は141キロの変化球をファウル。3球目は自己最速タイの164キロでこれもファウル。

最後は145キロの変化球で空振り三振に打ち取ると右手を挙げて吠えた。

さらに続く吉村の初球は165キロを空振り。プロ野球最速を更新した。2球目は164キロをファウル。最後は143キロのスライダーで空振り三振に斬った。

最後の打者は本多。初球は164キロでストライク。2球目は151キロのフォークで空振り、3球目は165キロでファウル。4球目も163キロでファウル。5球目は148キロの変化球が外れ、6球目は165キロをファウル。最後は149キロで遊ゴロに打ち取った。 マウンドで何度も拳を握りしめ、勝利をかみ締めた大谷。歴史的な起用に歴史的な投球で応えた。

大谷翔平か・・・