西之島の噴火後初の上陸調査 火山研究者らが出発 | NHKニュース

人間が上陸してどうするんだって思うんだがな・・・

およそ2年間にわたって活発な噴火活動が続いた小笠原諸島の西之島に、火山の研究者らが噴火後、初めて上陸して本格的な調査を行うことになり、16日、調査チームを乗せた船が島に向けて出航しました。

調査を行うのは、東京大学地震研究所などの調査チームで、16日、神奈川県横須賀市の港から西之島に向けて出航しました。

小笠原諸島の父島の西、およそ130キロにある西之島では、3年前の11月からおよそ2年間にわたって活発な噴火活動が続き、流れ出した溶岩などによって島の大きさはこれまでに東西と南北にそれぞれ1900メートルほどと、もとの島のおよそ12倍に拡大しました。去年11月の観測以降、噴火や溶岩の流出は確認されず、ことし8月に警戒範囲が火口からおよそ500メートルに縮小され、島の一部への上陸が可能になりました。

調査チームは、火山活動の変化を把握するため、島に衛星通信設備を備えた地震計などを設置するとともに、溶岩や噴石などを採取して、2年間にわたって地下からマグマがどのように供給され続けたのかなど、噴火のメカニズムを調べます。また、元の島に生息していた海鳥や、ほとんどが溶岩に覆われた陸地の現在の状況を調べ、今後、新たな生態系がどのように形成されていくのかについても調べる計画です。

調査にあたる東京大学地震研究所の武尾実教授は、「噴火の実態や今後の活動の推移に加えて島の生態系を把握する貴重な機会なので、しっかりと調査を行いたい」と話しています。調査は今月26日までの日程で行われ、周辺の天候次第で、早ければ今月19日にも上陸調査を行う予定です。

噴火の経緯

小笠原諸島の西之島では、3年前の11月に、元の島の南東の海底でおよそ40年ぶりに噴火が確認されました。

海上保安庁によりますと、噴火によってできた新たな陸地は当初、直径が200メートルほどでしたが、その後も活発な噴火活動が続き、流れ出した溶岩などによって島の拡大が続きました。およそ1か月後には、元の島と陸続きになっていることが確認され、半年後には元の島の5倍に、おととし10月には8.6倍に、噴火から1年半後の去年5月にはおよそ12倍に拡大しました。

海上保安庁によりますと、去年7月までに流出した溶岩などの量はおよそ4億トンに上ると推計されるということです。その後、去年11月の観測以降は、噴火や新たな溶岩の流出は確認されず、気象庁は、噴火が発生する可能性が低下したとして、ことし8月に警戒が必要な範囲を火口からおよそ500メートルに縮小し、海上保安庁も「航行警報」を解除しました。

海上保安庁が今月6日に上空から行った観測でも噴火などは確認されず、現在の島の大きさは、東西と南北がそれぞれ1900メートルほどと元の島の12倍の大きさとなってます。

生態系の変化の過程を観測っていうのなら、上陸の際には消毒をキッチリしないとな。