インドカレー屋で流れる謎BGMだけ収めたCDで、カレーがメチャメチャおいしくなった – Excite Bit コネタ(1/4)

独特の曲だよな。

インド人女性が「やらせた方がいい」と、謎の日本語を

また、今回の『インドカレー屋のBGM デラックス』からは、新たな試みがスタートしています。特製「空耳日本語歌詞カード」が全曲分収録されました。

「収録曲は200以上の候補曲から絞って選定したのですが、その中にはどう聴いても日本語だとしか思えない曲が多かったんです。だから“空耳にしちゃえ!”と(笑)」(川口さん)
その一部は、以下はYouTube動画として公開されているよう。
ヘロヘロした軽快なミュージックに合わせ、明らかに「我々どうだろう?」とインド人が連呼していたり、女性ヴォーカルが艶やかな声で「やらせた方がいい ちょっといい事」「サブの整形はどう?」と歌い上げたり、なんでしょうかこれは。

さあ、そろそろまとめます。川口さんに聞いてみたい。インドカレー屋のBGMの魅力って、なんですか?
「独特の音階や節回し、女性ヴォーカルがヘロヘロだったり、たくさんありますね。一番は、決して日本人だと思いつかない展開です。私はインドカレー屋でカレーを食べながら“家でも聴きたい!”と思いました」(川口さん)

家で聴きたい! カレーを食べながら聴くと、なお良し!! 「味覚」を入り口に、「聴覚」を満足させる素敵な音楽と出会うことができました。
(寺西ジャジューカ)

ほぉ・・・