若者の車離れの次は「酒離れ」が進む 20代男性の4割が「お酒NG」状態 | キャリコネニュース

飲まず、打たず、買わず。

お酒の話題になると、飲み会はコミュニケーションに役立つと主張する人は出てくるものだ。お酒が入ることでリラックスでき、職場では話せないことを話すなど人間関係が円滑にいくというメリットもあるという意見だ。だが仕事のことであれば業務時間内にすればいいと考える若者も多く、こうした傾向が、酒離れの一因になっていると言えそうだ。

酒なんて飲まなくても問題ないし。