シカゴの障害者団体、ウーバー提訴 車いすで乗れる車の配車要求 | ロイター

法は守らないとな。

原告らは、シカゴで2011年に営業を開始して以来、ウーバーの乗客数は数百万に上るが、車いすで乗車できる車を求める障害者への配車はごくわずかにとどまると指摘。同社の「障害者へのサービスは、形ばかりで存在しない」として、法律を順守するよう訴えた。

シカゴ市は条例で、20台以上を所有するシカゴのタクシー会社に、車いすで乗車できる車を少なくとも5%保有するよう義務付けている。

どういう判決が下るかな・・・