乳がん発症を抑える遺伝子発見 東工大などマウス実験:朝日新聞デジタル

抑えると言う事は、予防なのか?

女性のがんで最も多い乳がんの発症を抑える遺伝子をマウス実験で突き止めたと、東京工業大などの研究チームが発表した。この遺伝子が働かないマウスは妊娠・出産後に高い割合でがんを発症した。同じ機能を持つ遺伝子は人にもあり、乳がんを発症する仕組みの解明や治療などにつながる可能性があるという。

これが、現場で実用になるのは何時になるかな・・・