神戸製鋼 自主点検で管理職らが妨害行為、社内通報で判明 新たな不正判明も「ありうる」:イザ!

これはなぁ・・・


日本を代表する名門ものづくり企業で信じがたい不祥事が続く。性能データ改竄問題が次々と明るみに出ている神戸製鋼所が20日、不正に関する社内調査への妨害行為があったことなどを発表した。同社が金曜夜に不祥事会見を開くのは2週連続。前日夜には、完成車両の無資格検査が行われていた日産自動車が、問題の発覚後も同様の違法行為を続けていたと発表したばかりだ。不祥事会見のオンパレードに、詰めかけた報道陣約200人にはうんざりした表情が目立ち、質疑応答でも「調査中」「確認中」とする答えの繰り返しにいらだちの声も上がった。

この日、会見で説明に立ったのは梅原尚人副社長と山本浩司常務執行役員、勝川四志彦常務執行役員の3人。トップの川崎博也会長兼社長は体調を崩したという。質疑応答での主なやり取りは次の通り。

目次

–妨害行為について、隠蔽の手法は

梅原副社長「過去1年の出荷製品について、顧客要求を満足していない製品がどれだけあったか自主点検している。検査の実績データと検査証明書を突き合わせる点検をしているが、不適合なのに『不適合ではない』との報告が上がってきた。管理職を含む複数名が関与している。昨夜に把握して調査を始めたが、妨害行為の時期や手法についてはまだ調査し切れていない」

「8月に判明したのはアルミ・銅部門の一部で行われた不正。その後、アルミ・銅部門すべて、さらに別部門に範囲を広げて9~10月に調査を行っている。その際に見つかった不正を報告せず、隠していた」

–妨害行為は、不正を最初に公表した10月8日以降か

梅原氏「詳細は調査中だが、10月8日以前と以後、両方だ」

–他の自主点検でも隠蔽行為が行われていた恐れがある

梅原氏「社内点検ではあるが、別部署の人間が点検することで第三者性を加味している。この1件だけですべての自主点検の有効性が否定されることはないと考えている。ただこうした事があったので、もう少し第三者性、客観性を担保できる調査を行うために第三者委員会を設ける」

–どんな委員会に

梅原氏「客観性と透明性を持たせるため、外部有識者のみによる組織としたい。(具体的な人選などは)早急に詰めたい」

–データを消去する証拠隠滅行為はなかったのか

山本氏「長府工場での妨害行為は、現場で測定されたデータを記入する手書きの紙が残っている。生データが残っていた状態だ」

–提出すべき紙を提出しなかったということか、それとも齟齬があるのに報告しなかったとのことか

山本氏「詳細は調査中」

–これまで「法令違反はない」との説明だった

梅原氏「10月8日の公表時は『JIS規格内でのデータ書き換え』であり、法令違反ではないと考えていたが、認証機関と話し合う中で、『JIS規格を満たしていても品質保証体制が不十分』であり『法令違反である』と判断された」

–製品への信頼は大きく失墜した

同「地道に努力して回復していくしかないと思っている」

–これだけ社会の注目を集める中、従業員が正しく報告してこなかった

梅原氏「まずは信頼回復が大事であり、従業員と直接対話して『会社を変えていこう』と頑張ってきた、その最中にこうしたことが起こったのは大変残念に思う」

–トップの指示が現場に伝わらないのはなぜか

同「よくよく考えなくては。単純な問題ではないと思っている。『体質』『企業風土』『意識の問題』、色々な言い方はあるが突っ込んで変えていかなくてはならない。これをバネにして、良い方に変えていきたい」

–今後も不正が発覚する可能性はあるのか

梅原氏「点検を進める中で、新たに判明することもあり得る」

–被害者であるトヨタ自動車などが「安全性には問題ない」と表明し、信頼を回復しようと努力している。どうおわびするのか

梅原氏「大変有り難いと感謝している。そうした中でこうした妨害行為が行われたことは本当に申し訳ない。一日も早く信頼を回復できるよう、全社挙げて頑張りたい」

–経済産業省に対し26日までに報告できるのか

同「精いっぱい頑張って、少しでも多くのお客さまに『安全』と言って頂けるよう努力したい」

–経営陣が問題を把握した8月末以降の自主点検に危機感が欠けていたのではないか

同「経営陣としては大変にショックだったが、その後の安全性検証、他の問題も正直に出していく、顧客が行う検証に必要なデータを出していく、そういったことを精いっぱい行ってきた。そうした中でこうしたことが起きた。本当に申し訳ありません」

–納入先約500社のうち、安全性の確認はどこまで進んでいるのか

勝川氏「具体的な数字は控えたいが、経産省から『2週間程度で』と指示されており、最大限努力している。まだ先が見えておらず、はっきりしたことは言えないが、お客さまの確認作業を全力で支援したい」

–米司法当局に求められた資料提出は

梅原氏「まだ要請内容を精査している段階だが、誠意を持って対応していく」

–社内での監査はどのように

山本氏「本社のものづくり推進部に品質統括室という監査専門部署を昨年11月に設置し、監査を行っている。品質マネジメント体制が構築されているか、スペックに合わないデータの取り扱が適切かどうか、抜き取り調査をしている」

–隠蔽行為のあったアルミ押出品の用途は

山本氏「お客さまと協議中のため、公表を控える」

–用途を公表すると、納入先が分かってしまうということか

同「そういうことです」

–自主検査をすべてやり直すこともありうるか

梅原氏「自主検査ではあるが、他部署の人間が確認するので、一定の客観性が担保される。それなりに有効性はあると思っているが、長府での隠蔽行為を分析して今後の検査手法を考えたい」

–販売影響は

梅原氏「生産停止による数量減、信頼失墜による失注・転注など当社ビジネスへの影響はある」

–賠償請求

同「数社から点検にかかったコストなどの負担を求められ、協議している」

–「妨害行為」という用語は、現場に責任を押しつけているように聞こえる

梅原氏「決して押しつける意図はない。隠蔽を行った者は非難されるべきだが、一方でそうした行為を許してしまったわれわれの体制にも問題がなかったのか、しっかり検証したい」

–社内の相談窓口への通報内容は

梅原氏「ここでは控えたい」

–「安全性に問題あり」と指摘されているケースは

梅原氏「現時点では『使うと即危険』との申し出はない」

–アルミ・銅部門の稼働率は

「稼働率は高いが、現場要請に応じて人員も補填してきた。ここ数年、アルミ・銅は繁忙状況が続いているが、問題に直結したわけではないと思う。意識、人材教育に問題があったのかと思う」

–月内に開示する情報だが、納入先企業を公表するのか

梅原氏「お客さまの方から公表されているケースもあり、大変ありがたい。どんなやり方が適切か、どこまで公表するべきかまだ考えている。もう少し時間を頂きたい」

–米司法当局から求められている資料とは

梅原氏「要請内容を精査し、確認中。具体的な内容は今後の協議で決まる」

–「確認中」「調査中」という言葉が多い。説明責任を果たしているのか

梅原氏「間違いは許されない。中途半端でなく、一定の事実確認を行う必要がある」

–納入先メーカーの方しか向いていない印象だ

同「多くの方にご迷惑、不安を与えたことを反省している。取引先だけでなく社会全体に大きな影響を与えてしまった」

–数十年前から不正行為が続いてきた。経営陣が黙認してきたのではないか

梅原氏「工場勤務から役員になるケースもある。現在調査中。外部の法律事務所に委託して調査しており、その中で明らかになるはずだ」

–社長は本当に体調不良なのか

同「本当だ。快方に向かっている」

–あなた方も不正に関わったのではないか

3氏「関わっていない」

情報源: 神戸製鋼 自主点検で管理職らが妨害行為、社内通報で判明 新たな不正判明も「ありうる」:イザ!

現場が隠蔽しようとするんじゃ、、上がマシでも意味がない・・・、まぁ、逆なこともあるけど。